依存症

パチンコ・スロット依存症の原因 勝った記憶が忘れられないは嘘

パチンコやスロット、ギャンブル依存症の人がギャンブルを忘れられない原因として、勝った記憶が忘れられないというものがありますよね。

 

勝った時の記憶、本当に全部覚えていますか?

でも、ずーっとギャンブルをしてきて、これまで勝った時の記憶って、そこまで鮮明に覚えてますか?

 

覚えてるのって、ごく最近のものだけじゃないですか?

それよりも、負けた回数のほうが多いはずですよね?

 

 

ギャンブル依存症歴22年だった僕としては、はっきり言って勝った記憶なんてほとんど覚えてないです。今となっては、勝った記憶なんて2~3つくらいのものです。

 

 

むしろ大負けして、死ぬほど後悔して、やばいやばいどうしようって思った時の記憶のほうが多いです。

ボロ負けして、

 

「10万全部負けてしまった、なんで俺はこんなところにいるんだ、どうしたらいいんだ」

 

って、はきそうになりながらそれでもホールを徘徊していた記憶ばっかり覚えています。

 

明らかに負けた時の記憶のほうが多いんですから、それならパチンコなんて嫌になるはずなんですが、そうはならない。

これはなぜなんでしょう。

 

つまり、「勝った時の記憶が忘れられないというのは間違い」なんです。

それは、本当に初期の初期、ギャンブルを覚えたての頃の話なんですね。

 

 

ギャンブルに依存してしまうのは潜在意識の働き

ギャンブルがやめられなくなる根本的な原因は、潜在意識です。

 

潜在意識は、日々の日常をそのまま忠実に記憶しています。

それがいいことであろうと、嫌なことであろうと関係なく、そのまんま記憶しているんです。

パチンコ屋やスロットホール、競馬場にいる自分の姿をまるまるイメージとして記憶にやきつけています。

 

そして、明日もあさっても、これからもずーっと

 

「そのままの自分であろう」とします。

 

それが潜在意識の働きなんです。

 

 

だから、

・明日行けば取り返せるかもしれない

・明日こそ勝ちたい

・支払いが足りないからパチンコで勝負するしかない

・一人暮らしでさみしい

 

など、ギャンブルをする口実を自分に与えてくるんですね。

 

そして、自分が明日もパチンコ屋に行くように働きかけてくるんです。

 

 

つまりパチンコがやめられないのは、

 

「潜在意識がパチンコのことでいっぱいになっているから」

 

それだけなんです。

 

 

具体的な説明と、その潜在意識の治し方はこちらで書いてますので、もうギャンブルをやめたいと思う方はこちらをお読み下さい。

 

それではコウジでした。

コウジの著書
 
AmazonのKindle出版で好評発売中です。

おかげさまでたくさんの方にお読み頂いており、感謝です。

 


 

ブログ仲間ジュニパパさんのギャンブル依存症克服ブログです。
こちらもぜひ御覧ください。

ギャンブル依存症からの人生逆転ブログ

 


 

↓twitter漫画家のナツジさんです↓

ナツジさんの漫画は本当に心にささります。無料ですので、まだ読んでない人はぜひお読み下さい^^

 

関連記事

パチンコ・スロットをやめるなら「負けるが勝ち」が鉄則!勝ったらやめるは不可能です!

ギャンブルがやめられない人の典型的なパターンとして、   「次に勝ったらやめる」   というおかしな決意があります。   僕もこの決意を繰り返して、22年が過ぎましたw …

1日21万円負け。ゴミクズニートさんの【パイレーツオブダイナマイトキング回】がやばい

今、パチンコファンを騒然とさせているパチンコ実践動画が話題になっていますね。   ゴミくずニートさんがアップした「パイレーツオブダイナマイトキング」の実践動画がヤバすぎました。   …

お金がある時こそ依存症脱却のチャンス!ここで何をするかが勝負の分かれ目

ギャンブルで負けても、またギャンブルをしてしまう理由 ギャンブルをしている人は、必ず大負けをして「二度とギャンブルはしない!」と心の底から思った経験があるはずです。   にもかかわらず、また …

自分がギャンブル依存症かどうかが100%わかるたったひとつの質問

SOGSテストを知っていますか? ギャンブル依存症かどうかを図る診断テストとして、SOGSテストというのが有名です。 SOGSテスト(South Oaks Gambling Screen)とは、以下の …

知人や親戚には絶対にお金を借りるな!それこそすべてを失うことになります

サラ金にお金を借りると利息もかかるし、取り立てが怖い。 その点、知人や親戚なら利息を取られたりもしないし、返しやすい。   そう考える人が多いかもしれません。 ですがそれは大きな間違いです。 …

著書

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間のギャンブル依存症生活を抜け出し、しあわせな日々を取り戻す。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴