ブログ

【だまされるな】おすすめ優良店なんて大嘘。ほとんどの店はボッタクリ店だという事実

よくネットで見かける優良店ランキング。

 

ランクA、B、Cなどで順位をつけて優良ホールを紹介しているサイトです。

 

確かにパチンコ、スロットで勝てるかどうかはお店次第。しっかりと出してくれる店なら、それだけ勝ちやすくなるので、お店選びは重要です。

毎日毎日負け続けだった僕は、地元のパチ屋で打ってるから勝てないんだ!と思い直し、多少遠くてもちゃんと出している店に行こう!と考えたわけです。

 

そして、インターネットで優良店なるものを調べた結果、電車でいけるほどのところに「ランクA」と評価された店を見つけたんです。それは大阪にある某有名店でした。

 

これだ!と思い、今まで何をしても勝てなかった暗闇に光が指した気持ちになりました。

 

さっそく次の週末、朝から電車に乗ってそのお店へ。

期待に胸が張り裂けそうになりながら、朝から並んで開店を今か今かと待っていました。

休日ということもあってか、朝の並びはかなりのもので、自分の地元では見られない並びっぷりでした。

やっぱりいい店はすごいな!台取れるかな、とドキドキしましたが、店内はそうとう広く、設置台数もすごい数で、十分に台を取れる広さでした。

 

さすがにART機の人気台はすでにいっぱいで、座れるのはジャグラーなどのAタイプ。

とりあえずジャグラーに座り、ぼちぼちと打ち始めながら店内の状況を観察することに。

 

大阪の開店時間は10時。

自分はボチボチ当たったり飲まれたりをしながら、昼頃には投資が15000円。

ん~、低設定に座ってしまったか?移動も考えないとなあ。自分の隣の台は、朝から好調で設定6をぶっちぎっており、出玉も2000枚オーバー。

やっぱり優良店は違うな!と、自分のマイナスを忘れて浮かれていました。

 

ちょっと全体の様子も見てみようと席を立ち、ホールを見て回ったのですが、「ん~??そんなに出てる感じはまだないなあ」といった具合で、まだこれからかな?と思っていました。

そうこうしているうちに自分の台は本格的にハマリだし、投資も28000円に。

ダメだ、移動したい。

 

しかし空席はどこにもなく、動きたくても動けない状況。仕方なく、ダラダラと投資を続けてしまう結果に。

 

夕方になって改めてホール全体を眺めてみると、それなりに箱に積んでいる人も出てきて、出る台とでない台がはっきりと別れる感じでした。

「メリハリがきいてるってことか」馬鹿な僕はなんとなく納得し、(納得する要素が欲しかったんでしょう)結局夜の19時頃まで打って、まだ明日も休みだから出直そう!と思い、その日は退散しました。

その日の負けは40000円でした。

 

さて、すでに致命傷的な負け額になっているにもかかわらず、優良店を知ったという気持ちで浮かれていた僕は、明日こそ大勝ちできる!とワクワクしていました。明日はもっと早めに並んでいい台を確保しよう!と、意気込んでいました。

 

翌日。相変わらずの並びっぷりでしたが、昨日よりも早く並んだ甲斐があり、人気機種「押忍!番長2」に座ることができました。

さっそく前回で打ち始めるも、次々とゾーンを抜けて天井まっしぐら。まわりを見ても、とてもよい挙動をしているとは言い難く、人が多い割にはどの台も当たっていないといった感じでした。

「おかしいなあ、大丈夫かな。。」急に不安になってきましたが、大勝ちを信じて投資を重ねること3時間。

・・・・・4万円負け。

もうこれ以上突っ込めない!と番長を諦め、もう一度ホール内を徘徊。確かに3000枚、4000枚と出ている台もある。今日もハズレを引いてしまったか。。。と自分の運のなさを呪いながら、退散。

わずか2日で、8万円という大金を失ってしまいました。

そして次の週末もなんとかお金を都合し、(ギャンブルのためならどんなことをしても金策する人間でした)三度目の正直とばかりにホールへ。

しかし、またまた撃沈。本当にこの店、出てるのか?と疑問が生じてきました。

確かに出ている台はあります。シマによっては大盛況なシマもあり、ぱっと見は出玉感はありますし、人もいっぱいで動くこともできないほど。

しかし、とにかく自分は勝てない。なぜなんだ?とイラつきながら、もう一度ネットで色々と調べてみることに。

 

すると、ホールの出玉データを見ることができるサイトを発見。この店の出玉状況も、過去に遡って何日も見ることができたんです。

 

「お!いいの見つけた!」と思い、過去1週間分くらいの出玉グラフや当たり回数をみて、愕然としました。

 

ほとんどの台がマイナスグラフ。絶対設定1だろと思うような台ばかり。出玉が爆発している台も、朝から3万も4万も飲んでから、吐き出しているような台ばかり。

 

そうです。優良店なんて真っ赤な嘘で、台が稼働しているから出ているように見えていただけ。みんな突っ込んで突っ込んで、ようやく出していたんですね。それでも出た人はまだいいですが、当然ほとんどの人は負けているわけで、ぼったくりレベルで言えば、僕の地元店なんかの比ではありません。

 

結局のところ、人が集まっているうちはボッタくるのがホールです。

客足が落ちてきたら、また少し還元して客を呼び戻すのでしょう。そうやって客は踊られされているだけで、僕らにとっておいしいホールなんてないということです。

 

優良店ランキングなんて、なんの根拠もなく、適当に店を並べただけのものです。信用できる要素なんて何もありませんので、みなさんも信用しすぎないようにしましょう。

ですが、一番悪いのはギャンブルなんかで勝とうと思ってしまう自分なんですよね。

いかなければお金を失うことも、苦しむこともないんですから。

 

コウジでした。

【アンケート】ギャンブルをやめたい人向けのコミュニティがあればいいと思いますか?

ギャンブルをやめたいとお考えの方を対象に、アンケートを行っています。

アンケートの結果によって、ギャンブル依存症の方向けのコミュニティの設立も考えていますので、答えられる設問があればぜひお答え下さい。今後の参考にさせて頂きたいと思います。

 

設問はそれぞれ単独でご回答頂けます。回答を選択後、「Vote」ボタンをクリックして下さい。また、「View Results」で集計結果をご覧頂けます。

 

 

ギャンブル依存症を克服するためのコミュニティがあったら入りたいと思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...

 

「はい」「どちらとも言えない」と答えた方へ

そのようなコミュニティがあれば、どのようなことを求めますか?(複数回答可)

View Results

Loading ... Loading ...

 

そのコミュニティの参加費用はどれくらいが妥当だと思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...

 

あなたのギャンブルに対する率直な気持ちを教えて下さい。

View Results

Loading ... Loading ...

 

自分がギャンブルをやめられないのはなぜだと思いますか?(複数回答可)

View Results

Loading ... Loading ...

 

自分がギャンブルをやめるために今、必要なことはなんだと思いますか?(複数回答可)

View Results

Loading ... Loading ...

 

アフィリエイトなど、自分の力でお金を稼ぐ方法があれば、やってみたいと思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...

 

コミュニティのニーズが高ければ、設立を考えてみようかと思います。

可能な限り無料での実施が望ましいと考えていますが、運営コストやプラットフォームの利用料金など、さまざまな課題もあります。

 

このアンケートの結果を踏まえてコミュニティ設立を目指す時には、僕のYoutubeチャンネルでまたお話してみようと考えていますので、宜しければ一時的にチャンネル登録して通知をお待ち頂ければと思います。


コメント欄

関連記事

ギャンブルをやめた今でも、スロット打ってる夢をみるんですよね

今でもスロットしている夢を見る元パチンカスな自分 僕がパチンコ、スロットをやめてからかれこれ5年ほど経っているんですが、なぜか今でもスロット打っている夢を見ることがあるんですよね。   完全 …

まっちゃんの問いかけが依存症を物語る「パチンコ屋を黒字にするために?」

ダウンタウンのまっちゃん(松本人志)が5月10日の「ワイドナショー」で発言した言葉が、すごく核心をついていますね。   「パチンコの件に関してすごく不思議なのは…」と話し出すと、「(行政は) …

【死にたくなるスロット依存症話】5円スロットのコインを6枚使ったら警察呼ばれた件

その日は朝から会社をサボってスロット屋へ。   昼もまわり、15時を過ぎた頃には負け額7万円オーバー。こんなことなら会社行っとけばよかったと後悔しながらも、すでに後戻り出来なくなっていた。 …

お金がなくて1円パチンコ打ってた頃の話

お金がなくて1円パチンコ打ってた頃の話   僕が依存症ど真ん中だった頃は、スロットは5円スロット、パチンコは1円パチンコと、お金がなくても、低貸しでなんとか勝てるんじゃないかと考える愚か者で …

【パチンコ依存症ばかの回想日記】今日が給料日だったなんて信じられない・・・

  ギャンブル依存症の回想日記 某月某日。 その日は待ちに待った給料日でした。 毎月のことですが、この給料日は楽しみな日でありながら、いつもろくなことにならない日でもありました。 &nbsp …

著書

2020年9月10日

新刊「心にささるギャンブル依存症の後悔の言葉77」を出版しました。

 

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間依存症を抜け出せなかったが、債務整理とネットビジネスに救われる。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴