依存症

ジャグラーに狂っていたあの頃の自分を振り返る。もう戻りたくないあの地獄

僕がギャンブルに狂っていた当時、好きな台のひとつがジャグラーでした。

 

朝から連チャンすることもよくあり、ハマっていても突然設定が変わったかのように爆発することもある。

GOGOランプの美しさもあいまって、毎日のようにジャグラーを打っていました。

 

 

ですが、実際のところは、打てども打てども負け続ける毎日。

 

朝から打てば300、400ハマる。カニ歩いても、一向によい台に座れない。連チャンして高設定を思わせる挙動の台が空いても。結局、そこからハマるんです。

 

どんな挙動をしても、最終的にはマイナスグラフになるんですよね。そうやって終日高設定を探し回って打ち散らかし、結局夕方には、1台も高設定なんてなかったと気がつくわけです。でも今さら気づいても後の祭り。

そんな毎日を繰り返していました。

 

「なんでここまで毎日ぼったくるんだよ!」と、ホールに怒ってみたところでどうなるわけでもなく、それでもまた次の日には高設定を期待して足を運んでいました。

 

今考えれば、もう病気という以外に自分を表現する言葉がなかったですね(^_^;)

 

 

おそらく今のホールは、この頃以上の地獄だと思います。

 

スマスロの導入コスト、光熱費の高騰、遊技者の著しい減少。もはやホールが客を勝たせる余裕なんて、いえ、遊ばせる余裕すらまったくないでしょう。

 

 

入り口をくぐっった瞬間、そこは地獄です。お金がなくなるか、閉店時間がくるしかそこから逃げることはできない空間ですね。

ちょい負けで帰ることも、ちょい勝ちで帰ることもできません。

 

ただ、ズタボロに負ける。それが今のパチンコ・スロットでしょう。

 

 

ギャンブルで勝つには、もうたったひとつの方法しか残っていません。

 

 

それは、ホールにいかないこと。

 

それしかないのです。

 

遊技者がどんどん減っていく中、あなたはいつまでそこにいますか?明日も地獄のホールでさまよいますか?

 

 

さあ、みんなで脱ギャンブルしましょう(^^)

 

 

コウジの著書
 
AmazonのKindle出版で好評発売中です。

おかげさまでたくさんの方にお読み頂いており、感謝です。

 


 

ブログ仲間ジュニパパさんのギャンブル依存症克服ブログです。
こちらもぜひ御覧ください。

ギャンブル依存症からの人生逆転ブログ

 


 

↓twitter漫画家のナツジさんです↓

ナツジさんの漫画は本当に心にささります。無料ですので、まだ読んでない人はぜひお読み下さい^^

 

関連記事

ギャンブル依存症の人にはお金を貸さないで!

ギャンブル依存症の人にお金を貸してはいけない理由 ギャンブル依存症の人が身内にいたり、知人にいたりすると、お金を貸してほしいと頼まれることがよくあります。   それが自分の息子であったり、恋 …

コロナで外出自粛の中、なぜパチンコに行くのか?依存症の言い分とは

コロナ問題によって全国各地で休業要請が進むパチンコホール。 要請に応じないホールには、パチンコ依存症の人間が群がっています。 周囲の心配や恐怖をよそに、本人たちはどこ吹く風と言わんばかりに、朝から長蛇 …

自分がギャンブル依存症かどうかが100%わかるたったひとつの質問

SOGSテストを知っていますか? ギャンブル依存症かどうかを図る診断テストとして、SOGSテストというのが有名です。 SOGSテスト(South Oaks Gambling Screen)とは、以下の …

ホールの設定状況がひどい!こんなところに行ってれば負けて当然

依存症の人は、毎日のようにホールに行き、毎日のように負けて帰ってきます。 僕もそうでした。   でも不思議に思いませんか? どうしてこんなに負けるのか。これだけ打ちにいけば、もうちょっと勝つ …

パチンコホールはコロナ収束後に地獄の大回収をはじめますよ

コロナの感染拡大によって、多くのパチンコファンはパチンコに行くのを我慢していると思います。   一部の人は、この状況下においても県をまたいでホールに行っていますが、これはもう論外、本物の依存 …

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間のギャンブル依存症生活を抜け出し、しあわせな日々を取り戻す。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴