パチンコ業界

スマスロはスロット業界を終わらせるかもしれない

2022年11月からホールに登場したスマートスロット。

 

業界関係者は休眠ユーザーの呼び戻しに大きな期待を寄せ、遊技者もこれまでの規制から開放された、「勝てる」ゲーム性に期待していましたね。

 

そして導入から2ヶ月が経過した現在、スロマスロはどうなったかというと、現時点では、あまり期待された成果は出ていないように思われます。

 

 

休眠ユーザーの呼び戻しにはつながらず

まず、業界がもっとも期待していた、「一旦スロットを離れてしまった休眠ユーザーを呼び戻す」という狙いは、ほぼ失敗したと言える状況です。

 

現時点では、遊技人口が回復しているという傾向は見られず、既存の遊技者が台を取り合っている、というよりは既存の遊技者から導入費用を回収しているだけ、という状況です。

 

スマスロによる新規ユーザーの獲得もできているとは言い難い状況ですね。

 

そもそも、スマスロとは、「メダルレス」であることが最大の特徴でした。でも、たかだかメダルレスになったからと言って、遊技者が「打ちたい!」となるわけはなく、そんな台を、とんでもないコストを支払って導入したいホールがあるわけがありませんでした。

なので、何かお客を引きつける魅力が必要となって、結局あんなに締め付けていた爆裂機に対する規制を、事実上なかったことにして、出玉力でアピールしたわけです。

 

「万枚出る」「2400枚規制を貫く」など、大きく勝てるスペックを全面に打ち出して、客を増やそうとしたわけですが、当然、大勝ちできるということは、大負けもするということです。

 

いまや、ホールはマイナス4000枚、5000枚の台がゴロゴロ転がり、1日に9万円、10万円負けるなんて普通のこと、そんな地獄のような空間になっています。

 

もちろん、そんな台は客もすぐに飛びますから、誰も座っていないスマスロコーナーという、目も当てられないホールで溢れています。

 

ホールも導入コストの回収に必死で、客を遊ばせる余裕のあるホールなんてありません。なので今は既存ユーザーがボロボロに負け、スロット離れが加速しつつあるという、皮肉な状況となっています。

 

ジャグラーでのんびり遊んでいたお年寄りにまで影響が出て、誰が何を打っても、遊べもしない「地獄の空間」になってしまっていますね。

 

 

期待の北斗の拳はどうなる?

今春、サミーから出るスマスロ北斗の拳が、業界からも遊技者からも期待を集めています。

一世を風靡したあの北斗の拳を、そのまま復活させるということで、試打機を打った業界関係者さんもその完成度の高さを褒めていますね。

 

ですが当然、これを大量に導入するからには、ホールは莫大なコストがかかりますから、なりふり構わず回収にかかってきます。

 

はたして、当時のままのスペックの北斗の拳が、今のユーザーにうけるのか、負けてでも打ちたいと思わせるのか、気になるところですね。

 

もし、北斗の拳がこけるようなことがあれば、僕は一気にスロット業界が衰退していくような気がしています。

 

ただでさえ、すでにスマスロは回収に走りすぎて、既存ユーザーさえ逃しはじめていますので、ここでコケたら終わる、そういう崖っぷちにあると言えるでしょう。

 

今後に注目してみましょう。

 

コウジでした。

 

 

コウジの著書
 
AmazonのKindle出版で好評発売中です。

おかげさまでたくさんの方にお読み頂いており、感謝です。

 


 

ブログ仲間ジュニパパさんのギャンブル依存症克服ブログです。
こちらもぜひ御覧ください。

ギャンブル依存症からの人生逆転ブログ

 


 

↓twitter漫画家のナツジさんです↓

ナツジさんの漫画は本当に心にささります。無料ですので、まだ読んでない人はぜひお読み下さい^^

 

関連記事

アニメまでも犯すパチンコ。あの手この手で侵食してくるパチンコ業界

パチンコ、スロットの社会の汚染度は恐ろしい 先日、当サイトにコメントを頂いた方がおっしゃっていたのが、「ギャンブルをやめた代償として、大好きなアニメが見れなくなった」ということでした。   …

「おもちゃ」をつけて台を高く売るパチンコメーカー。終焉は近い?

最近のパチンコ台のギミックは、目にあまるものがありますね。 誰も望んでいないのにやたらめったら「おもちゃ」をつけて、外観ばかりがゴツくなっていっています。   なぜ無駄にこんな大掛かりなギミ …

天井&有利区間で強制エンディング!?6号機の馬鹿仕様に唖然

もう何がしたいのか全くわからない今の6号機スロット。   6号機も出始めた当初は、低設定ほど一撃性があったり、出玉スピードがあったりとメーカーもなんとか工夫を凝らして面白い台を作ろうとしてい …

もはや誰も求めていない新台入れ替え。ホールのしわ寄せは全部遊技者に

2019年も終わりに差しかかってきましたね。 パチンカー、スロッターにとって、2019年年末は重大な問題を抱えています。それが「旧基準機の検定切れ」です。   旧基準機が大量に撤去される20 …

10月1日の消費増税に伴い47枚→46枚貸しホールは増える?

いよいよ10月1日から、消費税が8%から10%に上がりましたね。   それに伴って、さっそく貸玉レートを上げるホールも出てきています。     関東では東京都亀有の「マル …

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間のギャンブル依存症生活を抜け出し、しあわせな日々を取り戻す。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴