依存症

パチンコ依存症の人へ~お金は「あなたの人生の時間の対価」です

僕らは時間とひきかえにお金をもらっている

例えば、1万円を稼ごうと思ったら、時給1000円でも10時間、自分の時間と労力を費やす必要があります。

しかもその10時間は、つらいことや悲しいこと、腹の立つこと、疲れること、色々なものがしみついた10時間なんです。

 

ところがパチンコ屋にいれば、その1万円はわずか30分で消滅します。僕らの人生の時間である10時間をあっという間に吸い取られてしまうわけです。

 

 

 

お金というのは、見た目は紙切れです。国が、「この紙には価値があるよ」と言っているから価値があるだけで、実際にはただの紙切れなんですよね。

 

でも、その紙切れはタダで手に入るものではありません。僕たちの人生の時間の対価として、やっと手にしたものなんです。

つまり僕たちは、ただお金を失っているだけではなく、自分の寿命を削ってパチンコ屋に貢いでいるのと同じなんです。

 

 

悪魔はこう言います。

「お前の願いを叶える代わりに、寿命を半分頂こう」

 

ただし、願いは叶いません。ただ、寿命が減るだけです。

 

 

 

ホールというのは、僕たちが必死で働いて得たお金を、一瞬で吸い上げる空間なんです。しかもなんの対価も得られない、ただお金を吸い上げられるだけの世界です。

 

悪魔だって、寿命をもらう前には願いをかなえてくれます。しかし、パチンコ屋は願いすら叶えてくれません。楽しみすら与えてくれません。

ですがギャンブル依存症の人は、そこを楽しい空間だと錯覚しています。勝てるかもしれないと錯覚しています。

 

みんな平静を装いながら心の底では震えている、これこそ本物の地獄なんじゃないでしょうか。

 

 

パチンコ屋が目指すのは錯覚と陶酔の世界

パチンコ屋は、いかに楽しいと錯覚させるかいかに勝てると勘違いさせるかという商売です。

きらびやかに装飾し、大仰にドル箱を重ね、光と音でにぎやかに演出する。ですがその実態は、ただの無限貯金箱です。

 

楽しんでいるつもりで、勝負しているつもりで、骨の髄までしゃぶられます。

 

 

感覚を麻痺させられた状態で、自分の人生の対価であるお金をどんどん捨てていき、そこで得られるものはなんでしょうか。

 

 

わざわざそこに行く必要はありません。

あなたには、パチンコ屋に行かないという選択肢があります。自分の人生の時間を、パチンコ屋に貢ぐために使ってはいけません。

 

あなたの人生はあなたのものです。ぜひ、パチンコ屋に行くことのバカバカしさ、くだらなさ、恐ろしさに気づいて下さいね。

 

コウジでした(^^)/

コウジの著書
 
AmazonのKindle出版で好評発売中です。

おかげさまでたくさんの方にお読み頂いており、感謝です。

 


 

ブログ仲間ジュニパパさんのギャンブル依存症克服ブログです。
こちらもぜひ御覧ください。

ギャンブル依存症からの人生逆転ブログ

 


 

↓twitter漫画家のナツジさんです↓

ナツジさんの漫画は本当に心にささります。無料ですので、まだ読んでない人はぜひお読み下さい^^

 

関連記事

自分がギャンブル依存症かどうかが100%わかるたったひとつの質問

SOGSテストを知っていますか? ギャンブル依存症かどうかを図る診断テストとして、SOGSテストというのが有名です。 SOGSテスト(South Oaks Gambling Screen)とは、以下の …

知人や親戚には絶対にお金を借りるな!それこそすべてを失うことになります

サラ金にお金を借りると利息もかかるし、取り立てが怖い。 その点、知人や親戚なら利息を取られたりもしないし、返しやすい。   そう考える人が多いかもしれません。 ですがそれは大きな間違いです。 …

ギャンブル依存症は「治らない!」VS「治る!」どちらが正しい?

ギャンブル依存症は絶対に治らない! VS ギャンブル依存症は絶対に治る!どちらが正しいのか? ギャンブル依存症は、麻薬と同じように一度ハマってしまうとなかなか治すことができない病気だと言われていますよ …

パチンコ依存症は、「自分はコロナにはかからない」と本気で思っている

とうとう大阪の吉村府知事が、休業要請に応じないパチンコホールの店名公開に踏み切りましたね。 僕はこの判断を支持しています。 結果として、そのホールに依存症客が集まることにもつながってしまいましたが、そ …

仕事がつまらないのはギャンブルのせいではないですか?

  仕事が苦痛で仕方なかったギャンブル依存症時代 僕がギャンブル依存症だった頃は、本当に毎日の仕事が苦痛でした。   朝はやく起きて、窮屈なスーツを着て、満員電車に乗ってイライラし …

著書

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間のギャンブル依存症生活を抜け出し、しあわせな日々を取り戻す。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴