依存症

パチンコ依存症の人へ~お金は「あなたの人生の時間の対価」です

 

お金。

 

ギャンブル依存症の人ほど、このお金に対してきちんと向き合っている人は少ないと思います。

僕も、ギャンブル依存症の頃は本当にお金の価値をわかっていませんでしたし、お金というものが、どんな意味を持っているのか、深く考えたことはありませんでした。

 

ですが今になってとてもよく分かるんです。

 

お金というのは、「僕らの人生の時間」なんです。

 

 

 

~動画でわかるギャンブル依存症の原因とその治し方~
▶その1:ギャンブル依存症の正体とその治し方
▶その2:依存症克服の邪魔をする現実への対処法
▶その3:ギャンブルをやめるには「やめる」をゴールにしないこと

 

僕らは時間とひきかえにお金をもらっている

例えば、1万円を稼ごうと思ったら、時給1000円でも10時間、自分の時間と労力を費やす必要があります。

しかもその10時間は、つらいことや悲しいこと、腹の立つこと、疲れること、色々なものがしみついた10時間なんです。

 

ところがパチンコ屋にいれば、その1万円はわずか30分で消滅します。僕らの人生の時間である10時間をあっという間に吸い取られてしまうわけです。

 

 

 

お金というのは、見た目は紙切れです。国が、「この紙には価値があるよ」と言っているから価値があるだけで、実際にはただの紙切れなんですよね。

 

でも、その紙切れはタダで手に入るものではありません。僕たちの人生の時間の対価として、やっと手にしたものなんです。

つまり僕たちは、ただお金を失っているだけではなく、自分の寿命を削ってパチンコ屋に貢いでいるのと同じなんです。

 

 

悪魔はこう言います。

「お前の願いを叶える代わりに、寿命を半分頂こう」

 

ただし、願いは叶いません。ただ、寿命が減るだけです。

 

 

 

ホールというのは、僕たちが必死で働いて得たお金を、一瞬で吸い上げる空間なんです。しかもなんの対価も得られない、ただお金を吸い上げられるだけの世界です。

 

悪魔だって、寿命をもらう前には願いをかなえてくれます。しかし、パチンコ屋は願いすら叶えてくれません。楽しみすら与えてくれません。

ですがギャンブル依存症の人は、そこを楽しい空間だと錯覚しています。勝てるかもしれないと錯覚しています。

 

みんな平静を装いながら心の底では震えている、これこそ本物の地獄なんじゃないでしょうか。

 

 

パチンコ屋が目指すのは錯覚と陶酔の世界

パチンコ屋は、いかに楽しいと錯覚させるかいかに勝てると勘違いさせるかという商売です。

きらびやかに装飾し、大仰にドル箱を重ね、光と音でにぎやかに演出する。ですがその実態は、ただの無限貯金箱です。

 

楽しんでいるつもりで、勝負しているつもりで、骨の髄までしゃぶられます。

 

 

感覚を麻痺させられた状態で、自分の人生の対価であるお金をどんどん捨てていき、そこで得られるものはなんでしょうか。

 

 

わざわざそこに行く必要はありません。

あなたには、パチンコ屋に行かないという選択肢があります。自分の人生の時間を、パチンコ屋に貢ぐために使ってはいけません。

 

あなたの人生はあなたのものです。ぜひ、パチンコ屋に行くことのバカバカしさ、くだらなさ、恐ろしさに気づいて下さいね。

 

コウジでした(^^)/

 

-依存症

関連記事

ホールの店長が設定する「客一人あたりが1日に使う金額」は・・・

ホールの店長は、毎日その日の売上を予測計算して、利益を算出しています。 そして、おおよそその計算通りの利益を上げることができます。では、ホールの店長が考える、客ひとりあたりの客単価は一体いくらなのかと …

スロット6号機の意味不明さ。いくら初当たりが軽くても、その出玉は何なの?

  ~動画でわかるギャンブル依存症の原因とその治し方~ ▶その1:ギャンブル依存症の正体とその治し方 ▶その2:依存症克服の邪魔をする現実への対処法 ▶その3:ギャンブルをやめるには「やめる …

「パチンコ屋に近づかない・お金を持ち歩かない」では依存症は治らない

パチンコに近寄らないようにする、お金を持ち歩かないようにする、こうした取り組みでは、パチンコをやめることは難しいですよね。   その理由としては、   まず、外にはパチンコ屋が多す …

依存症の人に気づいてほしい~パチンコ屋にとって僕らは人間ですらないことを

パチンコ依存症時代の僕は、まさに頭がおかしい人間でした。   毎日毎日ホールに行き、死にたいほど負けるのに、また明日もホールに行っていました。 そしていつもこう思っていました。 「どれだけぼ …

完全確率なんて大嘘ですよ。波理論なんかよりよっぽどオカルトだと気づかないと

パチンコやスロットを打つ人にとっての常識、それが「完全確率」です。   ネット上では、常に波理論やオカルト打法、そして完全確率に関する論議がそこらじゅうで湧き上がっています。 しかし、昔から …

著書

 

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間依存症を抜け出せなかったが、債務整理とネットビジネスに救われる。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴