依存症

ギャンブルをやめると、お金の価値観が180度変わる話

お金に嫌われて当然だった依存症時代

僕がギャンブル依存症だった頃は、本当にお金に対する考え方が雑でした。

 

支払いなんて後回しが当たり前でしたし、そもそも支払い用紙が届いても、よっぽどお金に余裕が無い限りは見てもいませんでした。

保険料や年金なんかの封筒は、「うわ~、またなんかきたよ。。」って感じで、そのまま放置。「だってどうせ見たって払えるわけない」そんな感覚でした。

 

家の電話が鳴っても、基本は出ませんでした。支払い関係の電話だったら嫌だったからです。

 

給料が振り込まれても、とにかく早くパチンコがしたいから、手数料が216円とかかかっても、まったく気にせずにホールの近くのコンビニATMでおろしてしました。

でも負けがこんできて、手数料のせいで金額が1000円未満になる時は、必死で手数料のかからないATMを探し回りました。なぜなら1000円あればメダルも玉も借りれますが、900円だと借りれないからです。

 

そのくせ、わずか1万円勝ったらもう気が大きくなって、帰りにコンビニの高いお菓子や飲み物を平気で買い、2000円くらいは当たり前に使っていました。

 

どうせパチンコだったら簡単に何千円も使うんだから、これくらいはいいだろう」そんな感覚でした。

 

 

ギャンブルをやめるとこんなに変わるんだと実感

そんな異常な感覚で22年を過ごしてきた僕ですが、ギャンブルをやめてから、本当にお金に対して真摯になれるようになりました。

 

まず、何かにつけてかかってくる手数料も、たとえ108円でももったいないので、手数料のかからない方法をちゃんと探すようになりました。

 

支払いの用紙がきたらまず一番に確認して、いつまでにいくら入金しておかないといけないか、ちゃんと把握するようになりました。

 

何かを買う時も、本当にそれが必要?と自問するように、自然となっていました。そして本当に必要なものを買う時は、「このお金があることでそれが手に入るんだ」というお金への感謝ができるようにもなりました。

 

 

お金に感謝できるようになるとお金が溜まってくる不思議

不思議なことに、お金への感謝ができるようになると、お金って溜まってくるんですよね。

入ってくるお金も増えるし、出ていくお金も減る。これは自分の考え方が変わったからだと思いますが、それを差し引いても、明らかにお金のめぐりって変わるんです。

 

今から思えば、依存症時代の僕にお金が回ってくることは、絶対なかったんだということが身にしみてわかります。

あんなお金の使い方、お金への考え方で、お金が増えるはずがなかったですね。

 

 

もしかしたら、ギャンブルにハマってしまった唯一のメリットは、お金の大事さを心から学べたことかもしれません。

 

 

もし今、ギャンブルをやめたいと少しでも思っている人は、ぜひ、お金ってなんだろうっていうことをじっくり考えてみて下さい。あなたの何かを変えられるかもしれません。

 

それではコウジでした(^^)

 

【コウジ著書】アマゾンkinndleにて好評発売中です

▶心にささるギャンブル依存症の後悔の言葉77

 

 


 

ブログ仲間ジュニパパさんのギャンブル依存症克服ブログです。

こちらもぜひ御覧ください。

ギャンブ依存症からの人生逆転ブログ


 

関連記事

ついパチンコへ行ってしまう人へ。パチンコに行きたくなったらみてほしい動画

  多くの人が、パチンコやスロットから抜け出せなくなってしまい、日々悩み、苦しんでいます。   苦しんでいるのは自分だけじゃないということに気づき、パチンコ・スロットのバカバカしさ …

パチンコに行くかわりに行くべきおすすめの場所~依存症を克服するために

パチンコやスロットがやめられらず、毎日のようにホールに行ってしまう。 なんとかしてホールに行かないようにしたい。   そんな思いで毎日葛藤と後悔を繰り返していませんか?   そこで …

ようやくジャグラーが完全確率でないことにみんなが気づき出した

以前の記事でも何度も書いていますが、北電子の人気機種、ジャグラーが完全確率なんかではないことが認知されてきていますね。     ジャグラーの挙動の不審さに多くの遊戯者が気づきだして …

またヒットコンテンツが台無しにw北斗の拳天昇のクソ台っぷりがひどい

またまた出ましたね。6号機のクソ台が。 満を持して(?)サミーから出たスロットの新台、北斗の拳「天昇」。僕もYoutubeの実践動画をみましたが、いや~、ほんとおふざけで作ったとしか思えないクソ台っぷ …

お金がある時こそ依存症脱却のチャンス!ここで何をするかが勝負の分かれ目

ギャンブルで負けても、またギャンブルをしてしまう理由 ギャンブルをしている人は、必ず大負けをして「二度とギャンブルはしない!」と心の底から思った経験があるはずです。   にもかかわらず、また …

著書

2020年9月10日

新刊「心にささるギャンブル依存症の後悔の言葉77」を出版しました。

 

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間依存症を抜け出せなかったが、債務整理とネットビジネスに救われる。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴