依存症

パチンコのボーダー理論ではどうやっても勝てない理由

パチンコで勝つには、よく回る台を打て。

これは昔から言われていることですね。

 

パチンコには機種によって、ボーダーラインと呼ばれる「勝敗を分ける境界線」があります。

ボーダーの計算式はややこしいですが、「初当たり1回あたりの期待差玉」から、千円あたり何回転回る台を打てば、理論上勝てるのかを算出しています。

 

例えば、今人気のパチンコ「牙狼 月虹ノ旅人」のボーダーは

 

4円パチンコで
4.0円(25個)…17.9回転
3.5円(28個)…18.9回転
3.3円(30個)…19.5回転
3.0円(33個)…20.4回転
2.5円(40個)…22.2回転

となっていて、等価交換なら、千円あたり17.9回転する台を打てば理論上勝てるということになります。

 

今はわざわざ自分で計算しなくても、一般的なパチンコサイトにすべて記載されているので、誰でも調べることが可能になっています。

 

では、このボーダーを知れば、誰もがパチンコで勝てるのか?といえば、まったくそんなことはありません。

 

なぜボーダーを知っていても勝てないのか

ではなぜ、ボーダーを知っていても勝てないのでしょうか。

 

それは簡単な話です。

「ホールがボーダー以下の釘調整をするから」です。

つまり、回る台なんてないよということですね。

 

おそらく誰もが、パチンコのあまりの回らなさに絶句したことがあるでしょう。

 

本来、釘の調整は違法なはずですが、今でも当たり前のようにホールは釘をしめて営業しています。おかしな話ですが、それが現実です。

 

 

考えても見て下さい。

もしあなたがホール経営者なら、打てば打つほど客が勝つような釘調整をしますか?

ホールも1台何十万円も出して台を購入しているのですから、早くその分を回収したいですよね。

 

ですからそもそもの話として、客が勝てるような釘調整の台なんてほぼないということなんです。

 

回るかどうかを試し打ちしているだけで、あっという間に2万3万は負けることができます。

釘をみただけで判断できるならともかく、まずほとんどの人は打ってみないとわからないですよね。

 

ですから、ボーダーを知っていたところで、そんなに簡単に勝てるわけがないのです。

 

 

もちろん、ホールが甘い釘調整をすることはあるでしょう。

 

ですが、ボーダーというのはあくまで理論値です。1日2日では、大きく負け越すことも当然あります。

ですから、ボーダーの期待値通りの結果になるには、ボーダー以上の台をずっと打ち続けなければいけません。

 

しかし、そんな良台に自分だけが毎日座り続けることができますか?同じ考えのライバルたちを出し抜いて、ピンポイントでその台を選び続けることができますか?

 

それができないから、誰も勝つことができないのです。

 

 

ボーダーを意識するのは、誰もが通る道

パチンコやスロットをする人は、必ず「立ち回りやボーダーを勉強すれば勝てる」と考える時期があります。

 

ですが、現実には9割上の人がそんなものでは勝てないということに気づき、うちひしがれます。

 

そもそも、ボーダーなんてちょっと検索すれば誰でも調べられる知識です。

それを知ったくらいで勝てるのであれば、誰も負けませんよね。

 

 

今はスマホひとつでなんでも調べられる時代です。

昔はほとんどの人が、情報も知らずに趣味打ちをしていたので、知識のある人が圧倒的に有利に立ち回ることができました。

だからこそ、プロや専業の人が存在できたのです。

 

しかし、今はボーダーも潜伏も天井もゾーンも誰もが知っています。お年寄りでさえ、スマホひとつで情報を得られることを知っています。

 

そんな情報過多の時代に、ボーダーを知っているくらいで有利に立ち回ることなんてできないのです。

 

立ち回ることの難しさ

仮に、ボーダー以上の台を使うお店があったとしましょう。

 

ですが、今日はすでによい台は取られていて、めぼしい台はない状況。

そこで、あなたは帰ることができますか?今日は打たないという選択ができますか?

 

 

おそらく大半の人が、その判断ができないでしょう。

他にもいい台がないか、試し打ちしてしまいませんか?スロットを打ってしまいませんか?

 

ギャンブルとはそういうものです。

 

まとめ

今の時代、知識を得ることは簡単です。

 

ですが、客が情報を持っていることはホール側も重々承知なのです。

・甘い台は、より厳しく釘調整されます。

・それでも甘い台は、早々に撤去されます。

客に有利な状況を、ホールがずっと提供してくれるわけがないのです。

 

 

どんなプロも、ないものを見つけることはできません。ですから、もうボーダーや期待値という言葉に惑わされるのはやめましょう。

 

あなたには、あなたの人生を楽しむ権利があります。

ホールに搾取される人生はもう終わりにして、これからの未来を切り開いていきませんか?(^^)/

 

 

コウジの著書
 
AmazonのKindle出版で好評発売中です。

おかげさまでたくさんの方にお読み頂いており、感謝です。

 


 

ブログ仲間ジュニパパさんのギャンブル依存症克服ブログです。
こちらもぜひ御覧ください。

ギャンブル依存症からの人生逆転ブログ

 


 

↓twitter漫画家のナツジさんです↓

ナツジさんの漫画は本当に心にささります。無料ですので、まだ読んでない人はぜひお読み下さい^^

 

関連記事

ギャンブル依存症の家族にギャンブルをやめさせる最強の方法

身内にギャンブル依存症の人がいて悩んでいる人も多いと思います。 僕自身、ギャンブル依存症に22年苦しんできました。そして家族に多大なる迷惑をかけてきました。   依存症である本人が、ギャンブ …

ギャンブル依存症の原因は「不足感」にあることが多い

パチンコやスロット、競馬などに依存してしまう原因として見過ごされがちなのが、日々の生活の中で感じている「不足感」です。 不足感とは、足りない、満足できていない、満たされていないという感覚です。 &nb …

10万円の給付金の多くがホールに流れていく。依存症の行く末は

コロナ問題によって営業自粛に追い込まれたパチンコホールも、一部を除きほぼ全てが営業再開となってしまいました。   パチンコ依存症の人は、待ちわびた瞬間だったかもしれませんね。   …

パチンコ依存症は、「自分はコロナにはかからない」と本気で思っている

とうとう大阪の吉村府知事が、休業要請に応じないパチンコホールの店名公開に踏み切りましたね。 僕はこの判断を支持しています。 結果として、そのホールに依存症客が集まることにもつながってしまいましたが、そ …

換金できなくなっても、あなたはパチンコ・スロットが打ちたいですか?

ギャンブルにハマってしまい、なかなかやめられない人は、「お金が欲しくてギャンブルをしている」という人が多いのではないでしょうか。   純粋にパチンコやスロットが楽しいという人よりも、「勝ちた …

著書

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間のギャンブル依存症生活を抜け出し、しあわせな日々を取り戻す。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴