依存症

もうやめたいのに手がとまらない。そんな負け方をしているなら、もう依存症です

 

これは危険!ギャンブル依存症のサイン

パチンコ、スロットで負けがかさみすぎると、もう打ちたくもないのにやめることができず、どんどんお金を入れてしまうことがありませんか?

 

今から1万円2万円を取り返せる可能性よりも、ここでやめたほうがよっぽど負けは少なくてすむ。それがわかっていても、帰ることができない。打つのをやめることができない。

 

そんな状況に陥ってしまいます。

 

 

そんな経験を一度でもしたことがある人は、もうギャンブル依存症です。

 

 

僕も典型的な依存症でしたので、朝から8万円も9万円も負け、もはや取り返すことなんて不可能、今から出ることなんてありえないとわかっている状況でも、震える手でサンドにお金をつぎ込んでいました。

 

「もうやめろ・・・。何やってんだ俺は。だめだろ。出るわけないだろ。。。やめろって。。。」

 

そう心のなかで思いながら、使ってはいけないお金まで投入していました。

 

そして、閉店近くになってようやく外に出て、自分のやったことの愚かさに気づく、そんなことを繰り返していたんですね。

 

 

自分をコントロールできなくなったら終わり

自分で自分がコントロールできなくなったら、とても危険です。

 

焦りや恐怖から冷静に状況判断ができなくなり、より負ける選択肢を選んでしまいます。

 

 

・これだけ負けているんだから、あと1万2万負けても同じだ

・もう閉店前で天井まで届く時間もないのに、あきらめて帰ることができずにお金を入れ続けてしまう

・今やめれば、使ってはいけないお金を使わなくてすむのに、お金を入れる手がとめられない

 

 

このような心理状態の人は、やけくそであったり、半分放心状態であったり、冷静な判断ができなくなっている人です。

 

これこそ、ギャンブル依存症です。

 

ですから、このような経験を一度でもしたことがある人は、なんとしてでもギャンブルから距離をとる努力をして下さい。

 

自分では依存症じゃないと思っている人ほど、重度の依存症であることが多いです。

 

自覚のない依存症は本当にまずいので、もし自分が依存症かどうかを判断できない人は、このような精神状態になったことがないか、一度よく考えてみて下さいね。

 

 

それでは(^^)

コウジの著書
 
AmazonのKindle出版で好評発売中です。

おかげさまでたくさんの方にお読み頂いており、感謝です。

 


 

ブログ仲間ジュニパパさんのギャンブル依存症克服ブログです。
こちらもぜひ御覧ください。

ギャンブル依存症からの人生逆転ブログ

 


 

↓twitter漫画家のナツジさんです↓

ナツジさんの漫画は本当に心にささります。無料ですので、まだ読んでない人はぜひお読み下さい^^

 

関連記事

パチンコホールはコロナ収束後に地獄の大回収をはじめますよ

コロナの感染拡大によって、多くのパチンコファンはパチンコに行くのを我慢していると思います。   一部の人は、この状況下においても県をまたいでホールに行っていますが、これはもう論外、本物の依存 …

改正健康増進法+コロナ問題によってパチンコ客は激減!となると・・・

いよいよ4月に入り、改正健康増進法が施行されましたね。   飲食店、オフィス、医療機関などで喫煙ができなくなりましたが、中でも最もダメージを受けているのがパチンコ屋です。   JT …

パチンコ・スロットを本気でやめたいあなたに伝えたいこと

出玉規制によって、ますます勝てない、遊べないものになってしまったパチンコ・スロット。   スロットは6号機になり、有利区間や2400枚規制など意味のわからない縛りができました。 パチンコも最 …

no image

ありえない詐欺台!AKB48でレインボー保留が紫保留に格下げ!しかも外れる

  目次 [hide] 1 レインボー演出を外した動画がYoutubeで公開される 2 演出が過剰になりすぎている 3 動画サイトの普及によりユーザーの視点はより厳しく 4 まとめ レインボ …

10万円の給付金の多くがホールに流れていく。依存症の行く末は

コロナ問題によって営業自粛に追い込まれたパチンコホールも、一部を除きほぼ全てが営業再開となってしまいました。   パチンコ依存症の人は、待ちわびた瞬間だったかもしれませんね。   …

著書

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間のギャンブル依存症生活を抜け出し、しあわせな日々を取り戻す。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴