依存症

もうやめたいのに手がとまらない。そんな負け方をしているなら、もう依存症です

 

これは危険!ギャンブル依存症のサイン

パチンコ、スロットで負けがかさみすぎると、もう打ちたくもないのにやめることができず、どんどんお金を入れてしまうことがありませんか?

 

今から1万円2万円を取り返せる可能性よりも、ここでやめたほうがよっぽど負けは少なくてすむ。それがわかっていても、帰ることができない。打つのをやめることができない。

 

そんな状況に陥ってしまいます。

 

 

そんな経験を一度でもしたことがある人は、もうギャンブル依存症です。

 

 

僕も典型的な依存症でしたので、朝から8万円も9万円も負け、もはや取り返すことなんて不可能、今から出ることなんてありえないとわかっている状況でも、震える手でサンドにお金をつぎ込んでいました。

 

「もうやめろ・・・。何やってんだ俺は。だめだろ。出るわけないだろ。。。やめろって。。。」

 

そう心のなかで思いながら、使ってはいけないお金まで投入していました。

 

そして、閉店近くになってようやく外に出て、自分のやったことの愚かさに気づく、そんなことを繰り返していたんですね。

 

 

自分をコントロールできなくなったら終わり

自分で自分がコントロールできなくなったら、とても危険です。

 

焦りや恐怖から冷静に状況判断ができなくなり、より負ける選択肢を選んでしまいます。

 

 

・これだけ負けているんだから、あと1万2万負けても同じだ

・もう閉店前で天井まで届く時間もないのに、あきらめて帰ることができずにお金を入れ続けてしまう

・今やめれば、使ってはいけないお金を使わなくてすむのに、お金を入れる手がとめられない

 

 

このような心理状態の人は、やけくそであったり、半分放心状態であったり、冷静な判断ができなくなっている人です。

 

これこそ、ギャンブル依存症です。

 

ですから、このような経験を一度でもしたことがある人は、なんとしてでもギャンブルから距離をとる努力をして下さい。

 

自分では依存症じゃないと思っている人ほど、重度の依存症であることが多いです。

 

自覚のない依存症は本当にまずいので、もし自分が依存症かどうかを判断できない人は、このような精神状態になったことがないか、一度よく考えてみて下さいね。

 

 

それでは(^^)

 

【コウジ著書】アマゾンkinndleにて好評発売中です

▶心にささるギャンブル依存症の後悔の言葉77

 

 


 

ブログ仲間ジュニパパさんのギャンブル依存症克服ブログです。

こちらもぜひ御覧ください。

ギャンブ依存症からの人生逆転ブログ


 

関連記事

ついパチンコへ行ってしまう人へ。パチンコに行きたくなったらみてほしい動画

  多くの人が、パチンコやスロットから抜け出せなくなってしまい、日々悩み、苦しんでいます。   苦しんでいるのは自分だけじゃないということに気づき、パチンコ・スロットのバカバカしさ …

ホールの設定状況がひどい!こんなところに行ってれば負けて当然

依存症の人は、毎日のようにホールに行き、毎日のように負けて帰ってきます。 僕もそうでした。   でも不思議に思いませんか? どうしてこんなに負けるのか。これだけ打ちにいけば、もうちょっと勝つ …

ギャンブルをやめると、お金の価値観が180度変わる話

お金に嫌われて当然だった依存症時代 僕がギャンブル依存症だった頃は、本当にお金に対する考え方が雑でした。   支払いなんて後回しが当たり前でしたし、そもそも支払い用紙が届いても、よっぽどお金 …

no image

ありえない詐欺台!AKB48でレインボー保留が紫保留に格下げ!しかも外れる

  目次 [hide] 1 レインボー演出を外した動画がYoutubeで公開される 2 演出が過剰になりすぎている 3 動画サイトの普及によりユーザーの視点はより厳しく 4 まとめ レインボ …

ギャンブルは自己責任。依存症も自己責任。でも、それを業界が言うのは許せない

ギャンブル依存症の原因は、当然ながら自分にあります。   もちろんそれはわかっていますし、そう思えないとギャンブルをやめることはできません。   ですが、それを業界側の人間が言うの …

著書

2020年9月10日

新刊「心にささるギャンブル依存症の後悔の言葉77」を出版しました。

 

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間依存症を抜け出せなかったが、債務整理とネットビジネスに救われる。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴