依存症

パチンコ依存症の怖さ「お金がほしい」と思うと出てくるホールの映像

お金がない時によぎるパチンコのイメージ

パチンコ依存症の怖さは、お金の不足感とつながっていることにあります。

 

「もうギャンブルはやめた」と思っていても、「今月お金が足りない」「あれがほしいけど、高いしなあ」など、お金がほしいと感じた時に、ふいにパチンコが頭に浮かんできます。

 

 

僕も依存症を脱出した1年目は、ふと気を抜くと、すぐにパチンコのことが浮かんできていました。

その頃はまだまだお金に余裕がなく、なんとかギリギリ生活できていた頃で、「これとこれを払ったら、もうほとんど残らないなあ」と思うと、途端に「パチンコに行ったら勝てるかな」という感情がよぎるんですね。

 

自分としては、もう完全にギャンブルなんて忘れることができたと思っていても、やっぱりふとしたタイミングで、またパチンコのことを考えてしまうことがあるんですよね。

しかもそのタイミングって、決まってお金の不足感を感じたときなんです。

 

これが依存症の怖さなんですよね。

 

 

そうやって、ふとパチンコのイメージが浮かんできた時も、「自分はもうギャンブルなんてやめたぞ」というセルフイメージを毎日繰り返していたおかげで冷静に払いのけることができましたが、同時に「ギャンブル依存症って本当に怖い」と再認識した瞬間でもありました。

 

 

絶対に負けるのに勝てるイメージがあるギャンブルの怖さ

何が怖いって、負けるとわかっているはずなのに、「勝てるかも」っていう感情が湧いてくるところですよね。これまでパチンコ・スロットだけで1500万円の借金を作った僕が、なぜ勝てると思ってしまうのか。

これがギャンブル依存症の怖さなんですよね。

 

ギャンブル依存症と戦っている人も、きっと同じような苦しみと向き合っているかと思います。

ぜひ頑張って、ギャンブルのないしあわせな自分を取り戻しましょう。

 

 

コウジでした。

コウジの著書
 
AmazonのKindle出版で好評発売中です。

おかげさまでたくさんの方にお読み頂いており、感謝です。

 


 

ブログ仲間ジュニパパさんのギャンブル依存症克服ブログです。
こちらもぜひ御覧ください。
ギャンブル依存症からの人生逆転ブログ

 

関連記事

これだけコロナで騒がれていてもパチンコに行く人の心理状況って?

世界は今、コロナによる混乱で大変なことになっていますね。   平和ボケしてしまっている日本でも、さすがに危機感を持つ人も増えてきています。 緊急事態宣言も出され、都道府県によっては営業自粛に …

ついパチンコへ行ってしまう人へ。パチンコに行きたくなったらみてほしい動画

  多くの人が、パチンコやスロットから抜け出せなくなってしまい、日々悩み、苦しんでいます。   苦しんでいるのは自分だけじゃないということに気づき、パチンコ・スロットのバカバカしさ …

パチンコパチスロが辞められる最強の方法!依存症の原因は簡単に取り除ける!

この記事では、ギャンブル依存症の根本的な原因は何か、そしてそれをどうやれば取り除けるのかについてお話したいと思います。 僕自身も、高校2年生の頃から22年間、パチンコ、スロット依存症だった筋金入りの依 …

コロナで外出自粛の中、なぜパチンコに行くのか?依存症の言い分とは

コロナ問題によって全国各地で休業要請が進むパチンコホール。 要請に応じないホールには、パチンコ依存症の人間が群がっています。 周囲の心配や恐怖をよそに、本人たちはどこ吹く風と言わんばかりに、朝から長蛇 …

ギャンブルをやめると、お金の価値観が180度変わる話

お金に嫌われて当然だった依存症時代 僕がギャンブル依存症だった頃は、本当にお金に対する考え方が雑でした。   支払いなんて後回しが当たり前でしたし、そもそも支払い用紙が届いても、よっぽどお金 …

著書

2021年3月30日

新刊「無意識を変えろ!ギャンブル依存症は必ず治る」を出版しました。

 

2020年9月10日

新刊「心にささるギャンブル依存症の後悔の言葉77」を出版しました。

 

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間依存症を抜け出せなかったが、債務整理とネットビジネスに救われる。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴