依存症

「今日こそうまく立ち回る」そんなことできるわけがないんですよ

 

ギャンブル依存症の人は、物事すべてを希望的観測で捉えてしまいがちです。

 

そのため、昨日負けたことも「立ち回りが悪かったせいだ」「今日は冷静に台を選ぼう」と、自分の振る舞いを変えることで勝てるようになろうと、都合よく考えてしまいます。

 

ですが、はっきり言います。

 

あなたが勝てないのはあなたのせいではなく、ホールのせいです。

 

だからあなたが何をどう考えようとも、どう立ち回ろうとも負けるんです。

 

低設定しかないホールで勝てる台を探したって見つかるはずないんです。

 

 

「それなら出てる店にいけばいいんだろ?」と考えるでしょう。

 

 

ですが出てる店には、あなたと同じ考えの人がひしめいています。台を選ぶことすらできません。いい台に座ることなく、空いている台にすわるだけです。

 

いい台かどうかなんて、打ってみないとわかりません。いえ、打ってみてもわかりませんよ。そんなに簡単にわかるようには作られていないんです。

 

 

【みんなの銀行口座開設で、1000円もらえる紹介コード】

rGUfWMkO

・口座開設するだけで、最短翌日に現金1000円がもらえる

・口座開設はすべてオンライン&所要時間20分程度

・自分も人に紹介して、1000円もらえる(最大30万円まで)

 

【みんなの銀行のダウンロード】

・アンドロイドの人はこちら

・iPhone の人はこちら

ダウンロードして口座開設したあと、ログインを進めるさいに紹介コードを入力すれば1000円がもらえます。

 

勝てなさそうなら帰ろう?無理です

ギャンブル依存症の人は、とりあえずホールに行きます。

勝てそうになければすぐに帰ろう、そんな言い訳を自分にしながら。

 

ですが、いったんホールに行ってしまったらもう終わりです。

チョロチョロと打ち散らかしながら、結局持ち金を全部捨ててから、家路につきます。

途中でやめるなんて、どだい無理な話なんです。

 

 

高設定挙動?本当にわかってますか?

今の時代、情報は簡単に手に入ります。

そのせいで、誰もが設定判別や立ち回りができる「つもり」になっています。

 

ですが、本当にあなたは設定を判別できていますか?

「高設定っぽい?」ただの希望的観測ではないですか?

 

さんざん打ち込んだ結果、ボロボロに負けてから「低設定だということだけはわかった」となるのがオチです。

 

 

何をどうやっても負けるんです。

それがパチンコ・スロットです。

 

 

 

パチンコ・スロットで勝ち続けることなんてできません。

いろいろなものを失いながら、最後に人生まで捨てるだけです。

 

さあ、目を覚ましましょう。もっと楽しい他のことに目を向けましょう。

 

コウジでした(^^)

コウジの著書
 
AmazonのKindle出版で好評発売中です。

おかげさまでたくさんの方にお読み頂いており、感謝です。

 


 

ブログ仲間ジュニパパさんのギャンブル依存症克服ブログです。
こちらもぜひ御覧ください。

ギャンブル依存症からの人生逆転ブログ

 


 

↓twitter漫画家のナツジさんです↓

ナツジさんの漫画は本当に心にささります。無料ですので、まだ読んでない人はぜひお読み下さい^^

 

関連記事

ギャンブル依存症の家族にギャンブルをやめさせる最強の方法

身内にギャンブル依存症の人がいて悩んでいる人も多いと思います。 僕自身、ギャンブル依存症に22年苦しんできました。そして家族に多大なる迷惑をかけてきました。   依存症である本人が、ギャンブ …

パチンコ依存症は、「自分はコロナにはかからない」と本気で思っている

とうとう大阪の吉村府知事が、休業要請に応じないパチンコホールの店名公開に踏み切りましたね。 僕はこの判断を支持しています。 結果として、そのホールに依存症客が集まることにもつながってしまいましたが、そ …

ギャンブル依存症の原因は遺伝なのか?環境なのか?

【みんなの銀行口座開設で、1000円もらえる紹介コード】 rGUfWMkO ・口座開設するだけで、最短翌日に現金1000円がもらえる ・口座開設はすべてオンライン&所要時間20分程度 ・自分も人に紹介 …

改正健康増進法+コロナ問題によってパチンコ客は激減!となると・・・

いよいよ4月に入り、改正健康増進法が施行されましたね。   飲食店、オフィス、医療機関などで喫煙ができなくなりましたが、中でも最もダメージを受けているのがパチンコ屋です。   JT …

ホールの設定状況がひどい!こんなところに行ってれば負けて当然

依存症の人は、毎日のようにホールに行き、毎日のように負けて帰ってきます。 僕もそうでした。   でも不思議に思いませんか? どうしてこんなに負けるのか。これだけ打ちにいけば、もうちょっと勝つ …

著書

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間のギャンブル依存症生活を抜け出し、しあわせな日々を取り戻す。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴