依存症

改正健康増進法+コロナ問題によってパチンコ客は激減!となると・・・

いよいよ4月に入り、改正健康増進法が施行されましたね。

 

飲食店、オフィス、医療機関などで喫煙ができなくなりましたが、中でも最もダメージを受けているのがパチンコ屋です。

 

JTによると、2018年時点での日本の喫煙者率は約18%。男性で約27%、女性が約8.5%となっています。

しかし、これをパチンコ客に限定すると、その喫煙者率は一気に跳ね上がり、およそ50%の人が喫煙者だと言われています。

 

いかにパチンコ・スロットをする人が、健康管理にうといかがわかります。

 

ホールの打撃は想像を絶する規模になる

ただでさえ客離れの進んでいるパチンコ業界で、この改正健康増進法は大きな打撃となっています。

客の半分が喫煙者という中で、ホール内でタバコが吸えないとなると、さらなる客離れが進むのは当然です。

 

その上、旧基準機の撤去、6号機の導入費用、6号機の不人気。

そして最後にコロナによる営業の自粛までが加わり、まさにホールは四面楚歌の状況です。

 

 

この状況でホールが考えること

では、この八方塞がりの状況でホール経営者が考えることはなんだと思いますか?

 

それは当然、

「営業できているホールでできる限り回収する」ことです。

 

 

間違っても、「たくさん客に還元して客足を取り戻そう」なんて考えませんよ。それは、遊戯者側の希望的観測にすぎません。

会社の経営がかかっているわけですから、ホールも生き残りに必死です。

 

 

遊戯者に今できること

今、遊戯者にできる最善の策、それはホールに行かないことです。

 

当たり前の話ですが、今、ホールに行っても絶対に勝てません。

 

 

もう一度いいます。

絶対に勝てませんよ。

 

 

ホール経営者はあなたが考えているほど優しくありません。お客様目線ではありません。

今は回収、回収、回収。考えることはそれだけです。

どうやってこの状況で生き残るか、どうやって利益を確保していくか。それしか考えていません。

 

そんな地獄の貯金箱に自分からお金を落としに行くなんて、自殺行為でしかありません。

 

 

これは神様がくれたチャンスです。

パチンコなんて行かなくても生きていけることに気づきなさい、そういってくれています。

 

そこに気づくかどうか、それはあなた次第です。

このチャンスを活かせるかどうか、それはあなたにかかっています。

 

 

ぜひこの機会に、脱ギャンブルをして新しい人生をスタートさせてくださいね。

 

コウジでした。

コウジの著書
 
AmazonのKindle出版で好評発売中です。

おかげさまでたくさんの方にお読み頂いており、感謝です。

 


 

ブログ仲間ジュニパパさんのギャンブル依存症克服ブログです。
こちらもぜひ御覧ください。
ギャンブル依存症からの人生逆転ブログ

 

関連記事

1日21万円負け。ゴミクズニートさんの【パイレーツオブダイナマイトキング回】がやばい

今、パチンコファンを騒然とさせているパチンコ実践動画が話題になっていますね。   ゴミくずニートさんがアップした「パイレーツオブダイナマイトキング」の実践動画がヤバすぎました。   …

ギャンブル依存症は「治らない!」VS「治る!」どちらが正しい?

ギャンブル依存症は絶対に治らない! VS ギャンブル依存症は絶対に治る!どちらが正しいのか? ギャンブル依存症は、麻薬と同じように一度ハマってしまうとなかなか治すことができない病気だと言われていますよ …

【パチンコ・スロットの怖さ】軍資金3万はないと・・って、それ、勝負になってますか?

あなたはどれくらいのお金があれば、安心して遊戯できますか? パチンコやスロットに行く時、あなたはいくらぐらいお金を持っていきますか?   ある程度勝負しようと思ったら、やはりみんな最低でも3 …

パチンコ依存症は、「自分はコロナにはかからない」と本気で思っている

とうとう大阪の吉村府知事が、休業要請に応じないパチンコホールの店名公開に踏み切りましたね。 僕はこの判断を支持しています。 結果として、そのホールに依存症客が集まることにもつながってしまいましたが、そ …

パチンコ・スロット依存症の人が欺かれている「確率」と言う名の幻想

パチンコ依存症の人の多くが欺かれている「確率」という名の搾取。   そもそも、パチンコというものにおいては、確率というもの自体が不明瞭なものです。 たとえ99分の1のスペックであっても、釘が …

著書

2021年3月30日

新刊「無意識を変えろ!ギャンブル依存症は必ず治る」を出版しました。

 

2020年9月10日

新刊「心にささるギャンブル依存症の後悔の言葉77」を出版しました。

 

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間依存症を抜け出せなかったが、債務整理とネットビジネスに救われる。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴