依存症

社会のつらさに目を背けたところに口を開けているのが「ギャンブル」

この世の中は、せちがらいことばかりですよね。

 

働くのが楽しくて仕方ない、誰とでも楽しく付き合えてなんの不満もないという人は少数派でしょう。

 

満員電車にゆられて、毎日毎日面白くもない仕事に向かう。

嫌な上司にいびられ、取引先の若造にえらそうにされる。朝から晩まで働き、ヘトヘトになって家に帰る。

 

そんなつらい毎日から目をそむけたい、もっと苦痛を伴わずにお金を稼ぎたい。

誰もが少なからずそう思って生きているでしょう。

 

 

そうした心の隙間に入り込んでくるのがパチンコ、スロットです。

 

「楽にお金が手に入るよ~」「楽しいよ、にぎやかだよ~」と、あなたを誘惑してきます。

その結果、あなたの大事な時間とお金が奪われ、ますます生きるのがつらくなります。

 

 

パチンコ、スロットというは、人の心に棲みつくものです。

もし、誰もが働くのが楽しくてしょうがない世の中なら、パチンコなんて絶対に流行ることはありません。

 

多くの人が毎日の生活がつらいと思っているからこそ存在できるもの、それがパチンコ・スロットなんですね。

 

 

ですから、パチンコ・スロットをやめたいなら、自分の毎日を楽しいものに変える意識が必要です。

 

働くのがつらいなら、それはそれでいいんです。

だったら、ギャンブルをするのではなく、自分がつらくない方法でお金を稼ぐ手段を探してみて下さい。

 

ただギャンブルをやめようとするのではなく、「自分の生活を変える意識」を持って見てくださいね。

 

それではコウジでした。

 

【コウジ著書】アマゾンkinndleにて好評発売中です

▶心にささるギャンブル依存症の後悔の言葉77

 

 


 

ブログ仲間ジュニパパさんのギャンブル依存症克服ブログです。

こちらもぜひ御覧ください。

ギャンブ依存症からの人生逆転ブログ


 

関連記事

これだけコロナで騒がれていてもパチンコに行く人の心理状況って?

世界は今、コロナによる混乱で大変なことになっていますね。   平和ボケしてしまっている日本でも、さすがに危機感を持つ人も増えてきています。 緊急事態宣言も出され、都道府県によっては営業自粛に …

知人や親戚には絶対にお金を借りるな!それこそすべてを失うことになります

サラ金にお金を借りると利息もかかるし、取り立てが怖い。 その点、知人や親戚なら利息を取られたりもしないし、返しやすい。   そう考える人が多いかもしれません。 ですがそれは大きな間違いです。 …

コロナで外出自粛の中、なぜパチンコに行くのか?依存症の言い分とは

コロナ問題によって全国各地で休業要請が進むパチンコホール。 要請に応じないホールには、パチンコ依存症の人間が群がっています。 周囲の心配や恐怖をよそに、本人たちはどこ吹く風と言わんばかりに、朝から長蛇 …

【コロナリスク】今一度、コロナにかかった時の苦しさを知ってほしい

これだけコロナの危険性が叫ばれている中でも、まったく意に介さずにホール通いを続ける人が後をたちません。   各県も、他県からの来訪者に危機感を抱いていて、休業要請に応じないパチンコ店に手を焼 …

ギャンブルで得られるもの・失うもの~あらためて考えてみませんか?~

自分はなぜギャンブルをするのだろう?   このことについて、本気で向き合って考えることってあんまりないですよね。   僕もパチンコ・パチスロ依存症歴22年のツワモノでしたが、この2 …

著書

2020年9月10日

新刊「心にささるギャンブル依存症の後悔の言葉77」を出版しました。

 

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間依存症を抜け出せなかったが、債務整理とネットビジネスに救われる。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴