ブログ

借金する時のあのパワーは、一体どこからくるんだろう

お金を借りたことのある人ならわかると思うんですが、借金する時のあの心境って、本当に嫌ですよね。

 

サラ金の窓口で借用書にサインしたり、窓口のお姉さんに色々と聞かれたり、身分証明書とか給与証明書とか・・・本当に苦痛です。

ましてや、友達とか親戚とかに頼む時なんてなおさら嫌なものです。

 

もちろん、頼まれたほうはもっと嫌です。貸すにしても貸さないにしても、どっちにしてもいい気分ではありません。

 

 

 

それでも尻に火がついた状態の人間は、借りられそうなサラ金にかたっぱしから電話しまくり、友達や親戚にも電話かけまくる。自分の恥を撒き散らしているんですが、もうそんなことはお構いなしなんですね。

 

 

友人に頼んでいる間も心臓バクバクで、「断られたらどうしよう」そんな気持ちでガクガク震えています。

何がなんでも断られないように、色々な言い訳を作りあげて頼むわけです。もちろん、全部うその言い訳を。

 

 

 

僕がこれまでに、人やサラ金にお金を借りた回数はもう数え切れません。

あの頃の心境にはもう二度と戻りたくないものですが、それにしてもあのパワーはどこから出てきたんだろうと、本当に不思議です。

あれはまさにの火事場のクソ力ってやつだと思います。

 

 

借金を頼む時というのは決まって、電気が止まってしまうとか、親に使い込みがバレるとか、会社に督促がかかってきそうとか、とにかく「ヤバイ」時です。

 

「どうしようどうしよう、なんとかしないと。誰か貸してくれないかな、誰か誰か・・・」

人間、追い詰められるとすごいパワーを発揮するものなんだなあと、しみじみ思います。

 

 

 

あの借金するパワーを、なぜもっと他の事に使わなかったのか、本当に悔やまれますね。もし僕が、あの時の勇気と行動力を持って起業していたら、そこそこ大きな会社を建てられたんじゃないかと思いますw

 

まともな感覚の人間なら、友人や親戚に借金を頼むなんて、絶対に避けたいことだと思います。

でも、パチンコ依存症の人間にとっては、借金は生活の一部になっているといっても過言ではありません。

 

 

いわゆる「借金グセ」がついているので、「やばくなったら誰かに借りよう」という最後の切り札、リーサルウエポンを持っているわけです。もちろん、確実に借りられるあてなんてないにもかかわらず、です。

 

 

今振り返ってみても、あの「なんとしてでもお金を工面する」パワーは、すごいものがあったなあと、我ながら感心してしまいますね。

 

これを読んで頂いている人へ、借金だけはやめましょうね。

(説得力なし)

 

 

コウジでした。

 

【コウジ著書】アマゾンkinndleにて好評発売中です

▶心にささるギャンブル依存症の後悔の言葉77

 

 


 

ブログ仲間ジュニパパさんのギャンブル依存症克服ブログです。

こちらもぜひ御覧ください。

ギャンブ依存症からの人生逆転ブログ


 


コメント欄

関連記事

ギャンブルをやめた今でも、スロット打ってる夢をみるんですよね

今でもスロットしている夢を見る元パチンカスな自分 僕がパチンコ、スロットをやめてからかれこれ5年ほど経っているんですが、なぜか今でもスロット打っている夢を見ることがあるんですよね。   完全 …

これぞ究極の神頼み!お守りを握りながらスロット打ってた依存症時代

僕は依存症時代、ほとんど毎日のようにホールに行っていました。   当然、毎日のように負け続けていたので、どんどんお金はなくなり、借金も増えていきました。   どこからそんなお金が出 …

まっちゃんの問いかけが依存症を物語る「パチンコ屋を黒字にするために?」

ダウンタウンのまっちゃん(松本人志)が5月10日の「ワイドナショー」で発言した言葉が、すごく核心をついていますね。   「パチンコの件に関してすごく不思議なのは…」と話し出すと、「(行政は) …

お金がなくて1円パチンコ打ってた頃の話

お金がなくて1円パチンコ打ってた頃の話   僕が依存症ど真ん中だった頃は、スロットは5円スロット、パチンコは1円パチンコと、お金がなくても、低貸しでなんとか勝てるんじゃないかと考える愚か者で …

【パチンコ依存症ばかの回想日記】何をやってもうまくいかない。依存症にはこんな結果しかないんだな

ギャンブル依存症の回想日記 某月某日。   今日もなんとかスロットで勝てないか、それしか頭にありませんでした。 以下、当時の気持ちを再現しながら書いていきます。     …

著書

2020年9月10日

新刊「心にささるギャンブル依存症の後悔の言葉77」を出版しました。

 

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間依存症を抜け出せなかったが、債務整理とネットビジネスに救われる。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴