ブログ

借金する時のあのパワーは、一体どこからくるんだろう

お金を借りたことのある人ならわかると思うんですが、借金する時のあの心境って、本当に嫌ですよね。

 

サラ金の窓口で借用書にサインしたり、窓口のお姉さんに色々と聞かれたり、身分証明書とか給与証明書とか・・・本当に苦痛です。

ましてや、友達とか親戚とかに頼む時なんてなおさら嫌なものです。

 

もちろん、頼まれたほうはもっと嫌です。貸すにしても貸さないにしても、どっちにしてもいい気分ではありません。

 

 

 

それでも尻に火がついた状態の人間は、借りられそうなサラ金にかたっぱしから電話しまくり、友達や親戚にも電話かけまくる。自分の恥を撒き散らしているんですが、もうそんなことはお構いなしなんですね。

 

 

友人に頼んでいる間も心臓バクバクで、「断られたらどうしよう」そんな気持ちでガクガク震えています。

何がなんでも断られないように、色々な言い訳を作りあげて頼むわけです。もちろん、全部うその言い訳を。

 

 

 

僕がこれまでに、人やサラ金にお金を借りた回数はもう数え切れません。

あの頃の心境にはもう二度と戻りたくないものですが、それにしてもあのパワーはどこから出てきたんだろうと、本当に不思議です。

あれはまさにの火事場のクソ力ってやつだと思います。

 

 

借金を頼む時というのは決まって、電気が止まってしまうとか、親に使い込みがバレるとか、会社に督促がかかってきそうとか、とにかく「ヤバイ」時です。

 

「どうしようどうしよう、なんとかしないと。誰か貸してくれないかな、誰か誰か・・・」

人間、追い詰められるとすごいパワーを発揮するものなんだなあと、しみじみ思います。

 

 

 

あの借金するパワーを、なぜもっと他の事に使わなかったのか、本当に悔やまれますね。もし僕が、あの時の勇気と行動力を持って起業していたら、そこそこ大きな会社を建てられたんじゃないかと思いますw

 

まともな感覚の人間なら、友人や親戚に借金を頼むなんて、絶対に避けたいことだと思います。

でも、パチンコ依存症の人間にとっては、借金は生活の一部になっているといっても過言ではありません。

 

 

いわゆる「借金グセ」がついているので、「やばくなったら誰かに借りよう」という最後の切り札、リーサルウエポンを持っているわけです。もちろん、確実に借りられるあてなんてないにもかかわらず、です。

 

 

今振り返ってみても、あの「なんとしてでもお金を工面する」パワーは、すごいものがあったなあと、我ながら感心してしまいますね。

 

これを読んで頂いている人へ、借金だけはやめましょうね。

(説得力なし)

 

 

コウジでした。

【アンケート】ギャンブルをやめたい人向けのコミュニティがあればいいと思いますか?

ギャンブルをやめたいとお考えの方を対象に、アンケートを行っています。

アンケートの結果によって、ギャンブル依存症の方向けのコミュニティの設立も考えていますので、答えられる設問があればぜひお答え下さい。今後の参考にさせて頂きたいと思います。

 

設問はそれぞれ単独でご回答頂けます。回答を選択後、「Vote」ボタンをクリックして下さい。また、「View Results」で集計結果をご覧頂けます。

 

 

ギャンブル依存症を克服するためのコミュニティがあったら入りたいと思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...

 

「はい」「どちらとも言えない」と答えた方へ

そのようなコミュニティがあれば、どのようなことを求めますか?(複数回答可)

View Results

Loading ... Loading ...

 

そのコミュニティの参加費用はどれくらいが妥当だと思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...

 

あなたのギャンブルに対する率直な気持ちを教えて下さい。

View Results

Loading ... Loading ...

 

自分がギャンブルをやめられないのはなぜだと思いますか?(複数回答可)

View Results

Loading ... Loading ...

 

自分がギャンブルをやめるために今、必要なことはなんだと思いますか?(複数回答可)

View Results

Loading ... Loading ...

 

アフィリエイトなど、自分の力でお金を稼ぐ方法があれば、やってみたいと思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...

 

コミュニティのニーズが高ければ、設立を考えてみようかと思います。

可能な限り無料での実施が望ましいと考えていますが、運営コストやプラットフォームの利用料金など、さまざまな課題もあります。

 

このアンケートの結果を踏まえてコミュニティ設立を目指す時には、僕のYoutubeチャンネルでまたお話してみようと考えていますので、宜しければ一時的にチャンネル登録して通知をお待ち頂ければと思います。


コメント欄

関連記事

パチスロの実機って、買ったことありますか?依存症時代のこぼれ話

引用元:http://pachislotzone.com/archives/4977 パチスロの実機って、個人でも買えますよね。     古い台とかだったら1~3万円くらいで買えた …

働きたくないのはOK。パチンコに解決を求めるから失敗するだけ

パチンコに依存している人の中には、「働きたくないからパチンコをしている」という人も多いと思います。   とくに若いパチンコ依存症者は、働きたくないからパチプロになろうと考えている人、プロでな …

【死にたくなるスロット依存症話】5円スロットのコインを6枚使ったら警察呼ばれた件

その日は朝から会社をサボってスロット屋へ。   昼もまわり、15時を過ぎた頃には負け額7万円オーバー。こんなことなら会社行っとけばよかったと後悔しながらも、すでに後戻り出来なくなっていた。 …

【パチンコ依存症ばかの回想日記】何をやってもうまくいかない。依存症にはこんな結果しかないんだな

ギャンブル依存症の回想日記 某月某日。   今日もなんとかスロットで勝てないか、それしか頭にありませんでした。 以下、当時の気持ちを再現しながら書いていきます。     …

お金がなくて1円パチンコ打ってた頃の話

お金がなくて1円パチンコ打ってた頃の話   僕が依存症ど真ん中だった頃は、スロットは5円スロット、パチンコは1円パチンコと、お金がなくても、低貸しでなんとか勝てるんじゃないかと考える愚か者で …

著書

2020年9月10日

新刊「心にささるギャンブル依存症の後悔の言葉77」を出版しました。

 

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間依存症を抜け出せなかったが、債務整理とネットビジネスに救われる。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴