ブログ

ギャンブルをやめた今でも、スロット打ってる夢をみるんですよね

今でもスロットしている夢を見る元パチンカスな自分

僕がパチンコ、スロットをやめてからかれこれ5年ほど経っているんですが、なぜか今でもスロット打っている夢を見ることがあるんですよね。

 

完全なギャンブル依存症だった頃は、とにかくお金がなくて、借金とか支払いとか、毎日「お金が足りないお金が足りない」っていうイメージに支配されていて、少しでも勝ちたいという気持ちでホールに通っている状態でした。

 

 

だからなのか、夢の中でスロットを打っている時は、必ずその頃の「お金がない」という気持ちとセットになっていて、あの頃のつらくて、暗くて、悲惨な感覚を思い出すんですよね。

どうしようどうしよう、やばいやばいっていう、もう二度と味わいたくない感覚がよみがえってくるんですよ。

 

それと同時に、「なんで?自分はもうスロットやめたはずなのに!なんでまたきちゃっちゃんだ!?」という、今現在の自分の感覚も入り混じってくる、へんな感じになって目がさめるんです。

 

 

 

だから朝起きた時は、本当に夢でよかった~って思うんですよね。寝起きってまだ現実と夢との境目がぼんやりしているんで、「本当に夢なのか?大丈夫だよな?ん?え?夢?え?え?」って、冷や汗をかくんですよ。

 

今でもこんな夢をみるくらい、潜在意識に染みついたギャンブルのイメージって根強いものなんだなあと、怖くなりますね。それくらい、ギャンブル依存症というのは心に傷跡を残すものなんだと、あらためて実感しています。

 

 

ギャンブル依存症時代の自分と、ギャンブルをやめた今の自分を比べてみると、本当に天国と地獄です。

ですから、今ギャンブルから逃れられなくなっている人も、かならずやめることができますから、ぜひギャンブルをやめることを心に決めて、第一歩を踏み出してほしいと思います。

 

 

それでは、コウジでした(^^)/

 

【コウジ著書】アマゾンkinndleにて好評発売中です

▶心にささるギャンブル依存症の後悔の言葉77

 

 


 

ブログ仲間ジュニパパさんのギャンブル依存症克服ブログです。
こちらもぜひ御覧ください。

ギャンブル依存症からの人生逆転ブログ

  

関連記事

パチスロの実機って、買ったことありますか?依存症時代のこぼれ話

引用元:http://pachislotzone.com/archives/4977 パチスロの実機って、個人でも買えますよね。     古い台とかだったら1~3万円くらいで買えた …

お金がなくて1円パチンコ打ってた頃の話

お金がなくて1円パチンコ打ってた頃の話   僕が依存症ど真ん中だった頃は、スロットは5円スロット、パチンコは1円パチンコと、お金がなくても、低貸しでなんとか勝てるんじゃないかと考える愚か者で …

借金する時のあのパワーは、一体どこからくるんだろう

お金を借りたことのある人ならわかると思うんですが、借金する時のあの心境って、本当に嫌ですよね。   サラ金の窓口で借用書にサインしたり、窓口のお姉さんに色々と聞かれたり、身分証明書とか給与証 …

【死にたくなるスロット依存症話2】給料が入ると繰り返す!これが依存症の症状だ

明日はついに待ちに待った給料日。 だけど家賃とかもろもろ引くと、残るのは2万くらい。軍資金がなくなる前にあと2~3万は増やしたいと考えていた僕は、すでに明日、会社を休んでスロットに行くことで頭がいっぱ …

【死にたくなるスロット依存症話】5円スロットのコインを6枚使ったら警察呼ばれた件

その日は朝から会社をサボってスロット屋へ。   昼もまわり、15時を過ぎた頃には負け額7万円オーバー。こんなことなら会社行っとけばよかったと後悔しながらも、すでに後戻り出来なくなっていた。 …

著書

2020年9月10日

新刊「心にささるギャンブル依存症の後悔の言葉77」を出版しました。

 

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間依存症を抜け出せなかったが、債務整理とネットビジネスに救われる。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴