ブログ

ギャンブルをやめた今でも、スロット打ってる夢をみるんですよね

今でもスロットしている夢を見る元パチンカスな自分

僕がパチンコ、スロットをやめてからかれこれ5年ほど経っているんですが、なぜか今でもスロット打っている夢を見ることがあるんですよね。

 

完全なギャンブル依存症だった頃は、とにかくお金がなくて、借金とか支払いとか、毎日「お金が足りないお金が足りない」っていうイメージに支配されていて、少しでも勝ちたいという気持ちでホールに通っている状態でした。

 

 

だからなのか、夢の中でスロットを打っている時は、必ずその頃の「お金がない」という気持ちとセットになっていて、あの頃のつらくて、暗くて、悲惨な感覚を思い出すんですよね。

どうしようどうしよう、やばいやばいっていう、もう二度と味わいたくない感覚がよみがえってくるんですよ。

 

それと同時に、「なんで?自分はもうスロットやめたはずなのに!なんでまたきちゃっちゃんだ!?」という、今現在の自分の感覚も入り混じってくる、へんな感じになって目がさめるんです。

 

 

 

だから朝起きた時は、本当に夢でよかった~って思うんですよね。寝起きってまだ現実と夢との境目がぼんやりしているんで、「本当に夢なのか?大丈夫だよな?ん?え?夢?え?え?」って、冷や汗をかくんですよ。

 

今でもこんな夢をみるくらい、潜在意識に染みついたギャンブルのイメージって根強いものなんだなあと、怖くなりますね。それくらい、ギャンブル依存症というのは心に傷跡を残すものなんだと、あらためて実感しています。

 

 

ギャンブル依存症時代の自分と、ギャンブルをやめた今の自分を比べてみると、本当に天国と地獄です。

ですから、今ギャンブルから逃れられなくなっている人も、かならずやめることができますから、ぜひギャンブルをやめることを心に決めて、第一歩を踏み出してほしいと思います。

 

 

それでは、コウジでした(^^)/

コウジの著書
 
AmazonのKindle出版で好評発売中です。

おかげさまでたくさんの方にお読み頂いており、感謝です。

 


 

ブログ仲間ジュニパパさんのギャンブル依存症克服ブログです。
こちらもぜひ御覧ください。

ギャンブル依存症からの人生逆転ブログ

 


 

↓twitter漫画家のナツジさんです↓

ナツジさんの漫画は本当に心にささります。無料ですので、まだ読んでない人はぜひお読み下さい^^

 

関連記事

お金がなくて1円パチンコ打ってた頃の話

お金がなくて1円パチンコ打ってた頃の話   僕が依存症ど真ん中だった頃は、スロットは5円スロット、パチンコは1円パチンコと、お金がなくても、低貸しでなんとか勝てるんじゃないかと考える愚か者で …

【パチンコ依存症ばかの回想日記】今日が給料日だったなんて信じられない・・・

  ギャンブル依存症の回想日記 某月某日。 その日は待ちに待った給料日でした。 毎月のことですが、この給料日は楽しみな日でありながら、いつもろくなことにならない日でもありました。 &nbsp …

働きたくないのはOK。パチンコに解決を求めるから失敗するだけ

パチンコに依存している人の中には、「働きたくないからパチンコをしている」という人も多いと思います。   とくに若いパチンコ依存症者は、働きたくないからパチプロになろうと考えている人、プロでな …

【パチンコ依存症ばかの回想日記】何をやってもうまくいかない。依存症にはこんな結果しかないんだな

ギャンブル依存症の回想日記 某月某日。   今日もなんとかスロットで勝てないか、それしか頭にありませんでした。 以下、当時の気持ちを再現しながら書いていきます。     …

まっちゃんの問いかけが依存症を物語る「パチンコ屋を黒字にするために?」

ダウンタウンのまっちゃん(松本人志)が5月10日の「ワイドナショー」で発言した言葉が、すごく核心をついていますね。   「パチンコの件に関してすごく不思議なのは…」と話し出すと、「(行政は) …

著書

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間のギャンブル依存症生活を抜け出し、しあわせな日々を取り戻す。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴