依存症

僕がたどり着いたパチンコ依存症の克服方法

この記事では、22年間嘘と借金を重ね続けた僕が、パチンコ依存症を脱出することができた方法について語っていきます。

僕の長いパチンコ依存症時代のお話については、下記をお読み下さい。

 

パチンコ依存症のはじまりと、抜け出せなくなった22年間

 

 

僕が見つけた「パチンコに変わるもの」

自分がパチンコから抜け出せない原因が、「働きたくない。働かずにお金を稼ぎたい」という思考が原因であることが自覚できた僕は、どうにかしてパチンコに変わってできるものがないかを考え始めました。

もちろん、競馬やFXなどでは意味がありません。パチンコと変わらないくらいリスクがあるからです。

 

そんな中、ときどき目にして気になっていたものがありました。

 

それがアフィリエイトでした。

 

 

僕が借金に苦しみ、依存症に苦しんでいる時、いつもすがっていたのがネットでした。

ネット上で法律事務所を見つけて借金の相談をしたり、依存症の治し方を検索したり、いつもネットで答えを探していました。ネット上にはたくさんのアフィリエイト広告があり、実際にそこから商品を購入したこともありました。

 

いつもお金のことばかり考えていた僕は、漠然と「アフィリエイトって本当に稼げることができるのかなあ」と、いつも頭の片隅で考えていました。

 

しかし、ネットビジネスは9割以上の人が稼げずに挫折すると言われていましたし、変な教材とか買わされそうだし、稼げるにしても時間がかかるイメージが強かったので、目先のお金のことに追われていた僕は、いつもスルーしているだけでした。

 

ですが、もうパチンコしても勝てないのは身にしみてわかっていましたし、とにかくパチンコから離れたかったので、パチンコ依存症歴19年目にしてはじめて、何か違うことをやってみようかなと言う気持ちになったのです。

 

もちろん最初は何をすればいいのか全くわかりませんでしたし、教材とか買う余裕も、買うつもりもなかったので、ネット上にたくさんあるアフィリエイトの無料講座みたいなメルマガにひたすら登録しまくり、無料で勉強できることだけをかき集めてブログを作ってみました。

 

正直なところ、この当時は本当に自分がアフィリエイトで稼げるようになるとは思っていませんでした。ただ、実際に稼いでいる人がいるのは間違いなくて、可能性はあると思ったので、とにかく「パチンコにできるだけ行かなくて済む」のであればそれだけでも儲けものだと思ってアフィリエイトに取り組み始めたのです。

 

 

 

ここで大事なのは、「アフィリエイトはお金になる可能性がある」ということでした。

たとえジョギングや野球などのスポーツを趣味にしたところで、絶対にお金にはならないので、僕が夢中になる要素はゼロでした。パチンコにとって変わる要素はありませんでした。

 

アフィリエイトなら、もし成功すればお金も稼げるようになって、パチンコなんて行きたくもなくなるはずだと思いました。

正直なところ、たとえ稼げるようにならなくてもよかったんです。パチンコだって、勝てる可能性がほぼないのに、「勝てるかもしれない」という思い込みで行ってしまっているわけです。ですから、アフィリエイトも「稼げるかもしれない」と思えれば、パチンコに取って代わることは可能でした。少しでもパチンコへの興味がそれれば、それで十分だったんです。

 

 

 

まったくかせげなかった最初の1年

パチンコ依存症を克服する方法

そんな思いではじめたアフィリエイトでしたが、案の定、まったく稼ぐことができませんでした。

FC2ブログやはてなブログ、アメーバブログなどの無料ブログに登録して、日記のような記事を書いたり、4コマ漫画を書いたりして、ページの横にアフィリエイト広告を貼りまくりましたが、当然1円も稼げずに1年が経過しました。

 

その間も完全にパチンコから足を洗えたわけではなく、やはり給料が入ると5万円くらいは毎月パチンコに消えました。

それでもアフィリエイトを始める前に比べればかなりマシになったほうでした。

 

アフィリエイトを始める前は、給料の半分以上をパチンコにつぎ込んでいましたが、アフィリエイトを始めてからは、稼げないまでもブログの作り方を勉強したり、記事を買いたり、なぜ売れないのか、なぜアクセスが増えないのかを自分なりに勉強するようになりました。いつか大きく稼げるようになりたい、そんな思いが少しだけパチンコから僕を遠ざけてくれました。

 

パチンコに行ってしまって、大負けした日は落ち込みました。そして、落ち込んだ日の夜が、もっとも僕が成長する時間でもありました。

 

負けたことを忘れるべく、一心不乱に記事を書きました。ブログのデザインを作り直したり、もっと人の興味のある記事はないかと調べたりしました。

 

 

どれだけやっても勝てないパチンコへの怒りと、そこに行ってしまう自分への怒りで頭がいっぱいでした。

 

 

絶対にアフィリエイトで稼げるようになって、仕事もパチンコも辞めてやる!

俺をバカにした奴らを見返してやる!(完全な被害妄想でした・・・)

この思いが僕の日常を支えていました。

 

 

 

いつの間にか変わった生活習慣

こうしてアフィリエイトとパチンコとの葛藤を続けているうちに、だんだんとパチンコに行く回数も減っていきました。

アフィリエイトに取り組んだ1年間では、ほぼ1円も稼げなかったのですが、アフィリエイト1年1ヶ月目にはじめて、がむしゃらにやるのをやめて、ひとつだけ教材を購入し、今まで作ってきたサイトに修正を加えてみました。

これまでは教材なんて胡散臭いと思っていたんですが、パチンコに簡単に5万も6万も負けられるのに、教材ひとつ買わないなんておかしいよな、と今更思ったわけです。

 

すると、いきなりアフィリエイト報酬300円が発生し、そこから月に2000円、5000円、30000円、50000円と急に報酬がもらえるようになってきたのです。

 

独学で積み上げてきた経験に、教材に書いてあったきちんとした考え方が加わって、これまでの努力が突然花開いた、そんな瞬間でした。

 

 

もちろん報酬がはいるようになったのもうれしかったですが、なんといってもパチンコに行く回数が減ったことは、高校生時代からどっぷりパチンコに浸かっていた僕にとっては考えられないことでした。

パチンコに行けば、一瞬で何万円も負けるわけですから、行かないというだけで相当なメリットです。

 

 

仕事が終わった後は早く家に帰って、アクセスがどれくらい来ているか、何か売れて報酬が発生していないかを確認したくて仕方ありませんでした。

もはやパチンコなんて行っている場合ではありませんでした。

 

休日も、ずっとパソコンの前で報酬の管理画面やアクセス解析画面を見ながら、もっと売れるようになるにはどうすればいいかをずーっと考えていました。

 

 

アフィリエイトは、自分のネットショップを経営しているようなものです。

しかも、リスクがまったくのゼロ。パチンコのようにリスクばっかり高くて、利益のないギャンブルとは違います。

 

最初はやってもやっても利益がでない時期がありましたが、その労力さえも、僕にとってはメリットでした。パチンコに行かずに済みましたし、パチンコに負けても、その悔しさを忘れることができました。苛立ちをぶつけることができました。

しかも、結果として報酬を得られるようにもなってきたのですから、最高の気分でした。そして月の報酬額が15万円を超えたころ、僕は完全にパチンコに興味がなくなっていました。

 

アフィリエイトをはじめて1年半にして、パチンコ依存症22年の歴史が幕を閉じたのでした。

 

その後、僕はYoutubeにも取り組むようになりました。

アフィリエイトで稼げるようになったんだから、Youtubeだって俺はできる!と自信をつけたからです。

 

やってみると、実はYoutubeのほうが簡単で、たった3ヶ月で月に8万円を稼げるようにまでなりました。

 

ギャンブル依存症克服と同時に、自分がもっとも嫌っていた「働く」という義務からも解放されることができたのです。

 

 

ギャンブル依存症を克服できたのはたったひとつの気づき

パチンコ依存症を克服した方法

こうしてネットビジネスに取り組んでいる間も、やはりギャンブルへの葛藤は続いていました。

その間、心理学の本や自己啓発の本なんかも読みあさって、なんとか依存症を治したいとあがいていました。

 

その時に、あるひとつの「気づき」があったんです。それは、まさにギャンブル依存症の正体と言えるものでした。

それに気づいた時、僕はまさにギャンブルをやめる決定打を得たのです。

 

 

それが、「潜在意識がギャンブルのイメージでいっぱいになっている」ということでした。

 

 

僕は仕事をしていてもご飯を食べていてもお風呂に入っていても、いつもずーっと頭の中にパチンコやスロットのイメージに侵されていました。

 

無意識に、いつもギャンブルのことばかり考えていました。

これが、僕がギャンブルをしてしまう正体だと気がついたんですね。そこで、この潜在意識からギャンブルを追い出そうと考えたわけです。

その方法については、こちらの動画で詳しく説明していますので、ぜひ御覧ください。

 

 

自分に適した方法を見つけよう

こうして僕は、パチンコ依存症を克服することができましたが、ネットビジネスが必ずしもみなさんに適した方法とは限りません。

あくまで僕にとって、よい結果になったということです。

 

ネットビジネスなんて興味ないし、自分にはできないという人には、別の方法を模索してみましょう。

 

 

なぜアフィリエイトが効果的だったのか

ではここで、なぜアフィリエイトが効果的だったのかを改めて振り返ってみます。

 

お金になる

まず、なによりもお金になるということが何より大事です。

お金にならなければただの趣味ですから、パチンコの代わりになりません。

お金になるという事実が、自分の中の金銭欲を満たしてくれ、パチンコの替わりを果たしてくれました。

もっと言えば、お金になる可能性を感じられたこと。

これが大事でした。

 

お金になるかもしれないと思えるだけでよかったんです。

 

 

無料で始められる

アフィリエイトは完全に無料で始められます。

ブログを作ってアフィリエイトを始めるのも、無料ブログを使えば
タダで始められます。

 

すぐにはじめられる

ネットビジネスは、やりたいと思えば今すぐに始められます

例えば今日、大負けしてスッカラカンになっていても、ネットビジネスはパソコンさえあれば今すぐ始められます。

 

自分のペースで続けられる

やる気がある時は必死に取り組みましたが、今日はめんどくさいなって言う日もしょっちゅうありました。

やりたい日に頑張ればいいし、やる気のない日はやらなくても誰にも怒られません。それもアフィリエイトの魅力です。

 

年齢制限がない

ネットビジネスは、年齢制限がありません。

僕のような中年でも、定年退職した人でも問題なくはじめられます。

 

心のよりどころになる

パチンコしかなかった時と違い、アフィリエイトをはじめてからは本当に楽しみが増えました。パチンコに負けた時は、そのうっぷんを晴らすように夜中までアフィリトに取り組みました。

「きっとこれで稼げるようになる。そしたらパチンコなんて絶対に辞めてやる!」と、いつしか僕の心のよりどころになっていました。

 

 

自分の資産になる

一度自分が作ったブログは、あとは放っておいても自分の資産として、ずっとネット上に存在してくれます。

そこにアクセスが集まるようになれば、何もしていないのに収入を生んでくれるようになります。その点パチンコは、仮に勝ったとしてもそこに何も残りません。なんの継続性も保証もありません。

 

楽しい

ブログの記事を書いたりするのはそれなりにしんどいことも多いです。

ですが、頑張って作ったブログにたくさん人がきてくれるようになったり、報酬が発生するようになると、リアルタイムでわかるようになるので、「今5人の人が見てくれてるな」とか、「やった!報酬が3000円入ってる!」というように、本当に楽しくなってきます。

そうなってくると、どんどん記事を増やして、もっともっとたくさんの人にきてもらいたい、もっと稼げるようになりたいという意欲もまし、パチンコのことなんて忘れられるようになっていきます。

 

リスクがまったくない

パチンコと違ってまったくリスクがないことも大事な要素です。

どんなにたくさんページを書こうが一切リスクはありません。必要なのは、記事を書いたりする時間と労力のみです。

 

もともとパチンコに無駄な時間をつぎ込んできたので、時間をかけて取り組むものがあることは、パチンコに行く時間を減らす上で大きなメリットになりました。

 

 

 

働きたくないならその気持ちを正しい方向へむけよう

結局、お金が欲しくてパチンコが辞められない人は、他にお金を稼げる方法があることに気がつけば、パチンコなんて辞められるのです。

 

現実味のない方法論を勧められても、依存症は克服できないと僕は考えています。

お金を持たないようにしてもパチンコの事を忘れることはできません。
家族に監視してもらったりしたら、余計にパチンコのことを意識してしまいます。

 

パチンコよりも安全に稼げるものを見つけた」と思えることだけが、パチンコを忘れさせてくれる特効薬になるのです。

 

 

残念ながらこの日本では、働く以外の方法でお金を稼ぐ手段はほとんどありません。

投資なども、当然元手が必要になる上、実際にそれで儲けるのはパチンコ同様至難の技です。

 

にも関わらず、国は個人に対して投資を勧めてきます。NISAなどのサービスで投資をしやすい環境を整えてきます。

しかし、国の勧める方法は全て、個人からお金を搾取するために存在します。個人の人のためではなく、国にお金を落とさせるために勧めてくるのです。

素人が投資なんかに手を出せばパチンコ以上に大きなお金を失うことになります。

日本という国はそういう国なのです。

 

逆に国は、ネットビジネスを推奨してきません。ネットビジネスは今でも胡散臭いビジネスのイメージを植え付けられています。

なぜなら、ネットビジネスで個人に稼がれても国にとっては特にメリットがないからです。個人が儲かるだけだからです。

 

 

 

リスクゼロで始められるネットビジネス

今回、僕は自分の体験からアフィリエイトをお勧めしましたが、それ以外でもお金を稼げる手段があれば、それに取り組んで貰えればOKです。

 

ここでリスクゼロで始められるネットビジネスを紹介しておきます。

 

Youtube

もっとも手軽に始められるのがYoutubeです。

Youtuberという言葉が浸透するほど、もう当たり前のものになっています。
Youtubeは当初ほどの稼ぎやすさはなくなりましたが、それでもリスクはゼロで、長くやっていれば少なからず報酬を得やすいジャンルに入ります。

 

自分のチャンネルを作ってを動画をアップするだけで広告収入が発生し、コメント欄にコメントが入ったり視聴数がだんだん上がっていったり、チャンネル登録者が増えて自分にファンができたりと、楽しめる要素がたくさんあります。

 

動画を作るのも実はとても簡単で、最近ではスマホさえあればYoutubeに動画をあげることが可能になっています。

パチンコ依存症の人がパチンコから離れるには、とてもオススメのネットビジネスです。

 

 

ブログアフィリエイト

僕が取り組んだネットビジネスです。

ブログを作って記事を書き、アフィリエイト広告を貼って訪問者に紹介し、報酬を得るビジネスです。

Youtubeよりは成果が出るまでに時間がかかりますが、一度かせげるようになるとどんどん稼げる額も増えていきます。

長くコツコツと取り組める人におすすめの王道ネットビジネスです。

 

 

電子書籍出版

アマゾンで自分の電子書籍を出版するのもひとつです。

僕も電子書籍を何冊か出版していますが、アマゾンで出版する本は自分でタダで作れますし、販売するのもタダでできます。

テキストに書いた文章をアマゾンの本にするツールで簡単に書籍化できます。

 

販売価格も自分で決められますし、売れた金額の何%かをアマゾンに支払い、後は自分の収入にすることができます。絵を書いたり、文章を書くのが好きな人なら、本を出版するのがおすすめです。

 

書くことがないなら、自分の依存症体験談を書くのもいいですね。同じように悩んでいる人がたくさんいますから。

 

昔は自分の本を出版するには当然コストもかかりましたが、今では誰でもタダで作家になることができます。もしかすると、ミリオンセラー作家になれるかもしれませんよ。

 

 

写真販売

写真販売は、風景や生き物などの写真を撮り、写真販売サイト上で公開して販売するビジネスです。

 

PIXTAなどの写真販売サイトに自分の撮影した写真を登録し、購入してもらうと数百円から数千円の報酬を得ることができます。

旅行や外出が好きな人、カメラが好きな人ならとてもおすすめです。

 

 

 

一昔前は、ネットビジネスが胡散臭いと思っている人がほとんでした(僕もそうでした)。

ですが、今はアフィリエイター、Youtuberと言った言葉が普通に浸透するほど、ネットビジネスは当たり前のものになっています。

 

ネットビジネスが普通に収入になることに気づいた人は、せっせと取り組んでいます。

 

 

だだし、ネットビジネスの注意点としては、とにかく焦らないで取り組むこと。

パチンコ依存症の人はどうしても「稼げるようになるのに1年も待てない!」と思ってしまいます。当時の僕も同じでした。

 

依存症の人ほど、とにかく目先のお金の心配ばかりになってしまい、視野が極端に狭くなります。

今日、明日のことしか頭になくなってしまいます。

 

 

ですが、もしあなたが1年前にYoutubeやアフィリエイトをはじめていたら、
今頃パチンコなんていかなくても、月に10万や20万円を稼げているかもしれません。

今から1年前を振り返ってみて下さい。1年なんて本当にあっと言う間ではありませんでしたか?

 

 

未来の1年は気が遠くなるくらい長く感じますが、過ぎてしまえば一瞬です。

 

 

その頃と今で悩みは変わっていなくても、1年はあっという間に過ぎたはずです。

であれば、遠いようで近い未来のために、パチンコ以外の何かに取り組んで下さい。

 

 

・最初はパチンコに行かないために。

・3ヶ月後には、楽しみのひとつとするために。

・半年後には、パチンコ以外のもので稼げる事を自分に証明するために。

・1年後にはメイン収入にするために。

 

そして最後には、パチンコなんて興味すらなくなるために。

 

 

失うものは何もありません。

 

今パチンコ依存症で悩んでいる人はぜひ行動を起こしてみて下さい。

「もしかしたら、これがお金になるかもしれない」と思えるものに取り組んでいることが、パチンコの行かずに済むためのひとつの抑止力になります。

 

今までの生活でパチンコ依存症が治らなかったのであれば、新しいことを取り入れるのは効果的です。

 

 

おいしいものをたべましょう。

旅行にだっていきましょう。

服も自由に買いましょう。

 

青い空を見て、「幸せだー!」と叫びましょう。

ここからの1年、今までと違う事を取り入れるだけで、生活はガラリと変わるはずです。あなたの中にいる「正常なもうひとりのあなた」を起こしてあげましょう。

 

大丈夫です。あなたならできます。

 

あなたのパチンコ依存症が克服できることを、心から応援しています。

【アンケート】ギャンブルをやめたい人向けのコミュニティがあればいいと思いますか?

ギャンブルをやめたいとお考えの方を対象に、アンケートを行っています。

アンケートの結果によって、ギャンブル依存症の方向けのコミュニティの設立も考えていますので、答えられる設問があればぜひお答え下さい。今後の参考にさせて頂きたいと思います。

 

設問はそれぞれ単独でご回答頂けます。回答を選択後、「Vote」ボタンをクリックして下さい。また、「View Results」で集計結果をご覧頂けます。

 

 

ギャンブル依存症を克服するためのコミュニティがあったら入りたいと思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...

 

「はい」「どちらとも言えない」と答えた方へ

そのようなコミュニティがあれば、どのようなことを求めますか?(複数回答可)

View Results

Loading ... Loading ...

 

そのコミュニティの参加費用はどれくらいが妥当だと思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...

 

あなたのギャンブルに対する率直な気持ちを教えて下さい。

View Results

Loading ... Loading ...

 

自分がギャンブルをやめられないのはなぜだと思いますか?(複数回答可)

View Results

Loading ... Loading ...

 

自分がギャンブルをやめるために今、必要なことはなんだと思いますか?(複数回答可)

View Results

Loading ... Loading ...

 

アフィリエイトなど、自分の力でお金を稼ぐ方法があれば、やってみたいと思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...

 

コミュニティのニーズが高ければ、設立を考えてみようかと思います。

可能な限り無料での実施が望ましいと考えていますが、運営コストやプラットフォームの利用料金など、さまざまな課題もあります。

 

このアンケートの結果を踏まえてコミュニティ設立を目指す時には、僕のYoutubeチャンネルでまたお話してみようと考えていますので、宜しければ一時的にチャンネル登録して通知をお待ち頂ければと思います。


コメント欄

関連記事

騙されるな!パチンコパチスロファン感謝デーなんてただの集客イベントだ

年に数回行われるファン感謝デー。   テレビなどの大型家電や旅行など、豪華賞品が当たるイベントとなっていますが、こんなものただの客寄せの罠だということはご存知ですか?   そもそも …

パチンコ・スロットをやめるなら「負けるが勝ち」が鉄則!勝ったらやめるは不可能です!

ギャンブルがやめられない人の典型的なパターンとして、   「次に勝ったらやめる」   というおかしな決意があります。   僕もこの決意を繰り返して、22年が過ぎましたw …

仕事がつまらないのはギャンブルのせいではないですか?

  仕事が苦痛で仕方なかったギャンブル依存症時代 僕がギャンブル依存症だった頃は、本当に毎日の仕事が苦痛でした。   朝はやく起きて、窮屈なスーツを着て、満員電車に乗ってイライラし …

家族よりもパチンコを優先してしまう依存症の怖さ~本当は家族が大事なんだ~

パチンコ・パチスロが辞められず、家族や恋人を泣かせたことはありませんか?   僕はあります。 それも一度や二度ではありません。数えきれないくらい何度も家族を裏切ってきました。   …

「今日こそうまく立ち回る」そんなことできるわけがないんですよ

  ギャンブル依存症の人は、物事すべてを希望的観測で捉えてしまいがちです。   そのため、昨日負けたことも「立ち回りが悪かったせいだ」「今日は冷静に台を選ぼう」と、自分の振る舞いを …

著書

2020年9月10日

新刊「心にささるギャンブル依存症の後悔の言葉77」を出版しました。

 

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間依存症を抜け出せなかったが、債務整理とネットビジネスに救われる。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴