依存症

これ以上家族に心配をかけないで。あなた以上にあなたの家族は悩んでいますよ

あなたが苦しんでいる以上に、家族が苦しんでいる

ここ数日、下記のページのアクセスが急増しています。

 

これが何を意味しているか。

そうです。ギャンブル依存症の人本人ではなく、その身内の人が悩み、苦しんでいるんです。

 

おそらく、このコロナ問題の真っ只中でも、平気でパチンコに通っているのでしょうね。ご家族の方の心中は察して余りあります。

 

僕も依存症時代は、何度も何度も母を泣かせてきました。借金を作り、嘘をつき、仕事を休み、ありとあらゆる裏切りを繰り返してきました。

 

ですが今、ギャンブルを完全に卒業して、幸せで平和な毎日を過ごしています。おいしいものをおいしいと思い、楽しいことを楽しいと思える日々を過ごしています。

 

親孝行ができるのは親がいるうちだけ

僕は、依存症時代は母に何もしてあげられませんでした。ですが、ギャンブルをやめられたおかげで、今はささやかながら親孝行ができています。

母は高齢になり、今は入院中ですが、手術も無事成功して、早く家に帰りたいといっています。

 

もし、今でも僕がギャンブル依存症を抜け出せていなかったら、母の入院代すらなかったでしょう。母に手術を受けさせてあげることもできなかったでしょう。

それどころか、今日も手術代を稼ぐという口実でパチンコに行っていたかもしれません。

このコロナ感染の危険のあるご時世でも、ホールに足繁く通っていたかもしれません。

 

そんな自分の姿を想像すると、吐き気すらもよおしてきそうです。本当にギャンブルをやめられてよかったと思います。

 

人生はいつでも変えられる

 

今、この記事を読んでいる人には、本当はギャンブルをやめたいと思っている人もいると思います。

もしあなたがそうであるのなら、こう考えてみて下さい。

 

「自分には昔の自分に戻る理性がちゃんとあるんだ」と。

 

やめたい気持ちがあれば、あなたはやめられます。本当のあなたに従うだけでいいのです。

 

パチンコに行っている毎日が、本当に楽しいですか?

こんなご時世でもパチンコに行ってしまう自分が、本当に正しい姿だと思いますか?

このまま自分の人生が過ぎていって、本当に満足ですか?

 

パチンコをやめるチャンスはいつでも目の前に転がっています。ただ、目をそむけるか向き合うか。

 

あなたとあなたの大事な人のために、今すぐパチンコなんてやめましょう。

あっという間に人生が変わりますよ(^^)

 

コウジでした。

コウジの著書
 
AmazonのKindle出版で好評発売中です。

おかげさまでたくさんの方にお読み頂いており、感謝です。

 


 

ブログ仲間ジュニパパさんのギャンブル依存症克服ブログです。
こちらもぜひ御覧ください。

ギャンブル依存症からの人生逆転ブログ

 


 

↓twitter漫画家のナツジさんです↓

ナツジさんの漫画は本当に心にささります。無料ですので、まだ読んでない人はぜひお読み下さい^^

 

関連記事

ギャンブル依存症の原因は「不足感」にあることが多い

パチンコやスロット、競馬などに依存してしまう原因として見過ごされがちなのが、日々の生活の中で感じている「不足感」です。 不足感とは、足りない、満足できていない、満たされていないという感覚です。 &nb …

パチンコ依存症は、「自分はコロナにはかからない」と本気で思っている

とうとう大阪の吉村府知事が、休業要請に応じないパチンコホールの店名公開に踏み切りましたね。 僕はこの判断を支持しています。 結果として、そのホールに依存症客が集まることにもつながってしまいましたが、そ …

コロナで外出自粛の中、なぜパチンコに行くのか?依存症の言い分とは

コロナ問題によって全国各地で休業要請が進むパチンコホール。 要請に応じないホールには、パチンコ依存症の人間が群がっています。 周囲の心配や恐怖をよそに、本人たちはどこ吹く風と言わんばかりに、朝から長蛇 …

知人や親戚には絶対にお金を借りるな!それこそすべてを失うことになります

サラ金にお金を借りると利息もかかるし、取り立てが怖い。 その点、知人や親戚なら利息を取られたりもしないし、返しやすい。   そう考える人が多いかもしれません。 ですがそれは大きな間違いです。 …

【コロナリスク】今一度、コロナにかかった時の苦しさを知ってほしい

これだけコロナの危険性が叫ばれている中でも、まったく意に介さずにホール通いを続ける人が後をたちません。   各県も、他県からの来訪者に危機感を抱いていて、休業要請に応じないパチンコ店に手を焼 …

著書

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間のギャンブル依存症生活を抜け出し、しあわせな日々を取り戻す。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴