依存症

パチンコホールはコロナ収束後に地獄の大回収をはじめますよ

コロナの感染拡大によって、多くのパチンコファンはパチンコに行くのを我慢していると思います。

 

一部の人は、この状況下においても県をまたいでホールに行っていますが、これはもう論外、本物の依存症の人だと思うので、もう何もいうことはありません。

 

大事なのは、今、ホールに行くことを我慢できている人です。

 

せっかく今、こうしてホールに行けない状況ができているわけですから、このチャンスを活かさないと、本当にもったいないです。

 

自粛中に興味が薄れた人は大チャンス

自粛をしている間に、「パチンコに行きたい気持ちがなくなってきた」という人もけっこういると思います。

 

Youtubeのコメント欄にも、「なんかこのままやめれるわ」「行かなくなったら、興味もなくなった」というコメントがけっこう見つかります。

 

もし今、この記事を読んで、自分も同じだと思った人がいれば、ぜひその気持ちをもっと全面に押し出して、このチャンスになんとしてもパチンコをやめるんだという強い気持ちを持ってくれることを願います。

 

 

コロナ騒動が終わると、ホールは地獄の大回収に走る

コロナの問題が収束して、営業が再開できるようになったら、間違いなくどのホールも徹底的に回収に走ります。

営業開始を待ちわびていた依存症客が押し寄せるのは目にみえているので、容赦なく搾り取ります。

 

ホールとしては、これだけ長期間営業ができなくなっているわけですから、これまでの損失をなんとしても回収しないといけません。

 

そもそも、コロナ問題がなくても現在のホールは大打撃を受けていた訳です。

旧基準機の大量撤去と6号機の大量導入による多大なコスト、6号機の不人気による客離れ、ホールでの喫煙禁止など、ホールにはふんだりけったりな状況でした。

そこにとどめを刺すように降ってきたコロナ問題で、ホールはもう虫の息といっても過言ではありません。

この状況で、「さあ、お客さんを楽しませるぞ!」なんてホールがあるはずもなく、生き残るためには搾り取れるだけ搾り取るしかないわけです。

 

そんなところにわざわざお金を持って行ってあげるのは、愚かな行為と言わざるをえません。

 

もともとあなたはホールになんて行っていなかった

せっかく今、ホールに行かないという生き方ができているなら、「これが本当の自分なんだ」というマインドを育てないといけません。

もともとあなたはホールになんて行っていなかったんです。

パチンコなんて知らなかったんです。

 

ですから、元の自分に戻るだけなんです。

 

もっと他に楽しいことがいっぱいあったはずです。

もっと他のことをして毎日過ごしていたはずです。

 

パチンコなんてしなくても問題なく生きている自分に気づきましょう。

これが本当の自分だということを思い出しましょう。

 

今、そのチャンスが訪れています。もとに戻るチャンスが目の前に転がっています。

 

どの人生を選択するかは、いつもあなた次第ですよ。

 

コウジでした(^^)

 

【コウジ著書】アマゾンkinndleにて好評発売中です

▶心にささるギャンブル依存症の後悔の言葉77

 

 



コメント欄

関連記事

勝ちやすい台、負けやすい台という情報、鵜呑みにしていませんか?

ネット上でよく見かける、検証系のサイト。   パチンコだったり、スロットだったり、どの台が勝ちやすいかを、台のスペックとか実践値とかから算出しています。   例えばこんな感じです。 …

騙されるな!パチンコパチスロファン感謝デーなんてただの集客イベントだ

年に数回行われるファン感謝デー。   テレビなどの大型家電や旅行など、豪華賞品が当たるイベントとなっていますが、こんなものただの客寄せの罠だということはご存知ですか?   そもそも …

ついパチンコへ行ってしまう人へ。パチンコに行きたくなったらみてほしい動画

  多くの人が、パチンコやスロットから抜け出せなくなってしまい、日々悩み、苦しんでいます。   苦しんでいるのは自分だけじゃないということに気づき、パチンコ・スロットのバカバカしさ …

自分がギャンブル依存症かどうかが100%わかるたったひとつの質問

SOGSテストを知っていますか? ギャンブル依存症かどうかを図る診断テストとして、SOGSテストというのが有名です。 SOGSテスト(South Oaks Gambling Screen)とは、以下の …

ギャンブルは自己責任。依存症も自己責任。でも、それを業界が言うのは許せない

ギャンブル依存症の原因は、当然ながら自分にあります。   もちろんそれはわかっていますし、そう思えないとギャンブルをやめることはできません。   ですが、それを業界側の人間が言うの …

著書

2020年9月10日

新刊「心にささるギャンブル依存症の後悔の言葉77」を出版しました。

 

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間依存症を抜け出せなかったが、債務整理とネットビジネスに救われる。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴