依存症

1日仕事を頑張ったのに、夕方にはそれ以上負ける。それが依存症

働くって本当に大変ですよね。

 

満員電車にゆられ、好きでもない上司に命令され、好きでもない仕事をする。

そうやって頑張って働いてようやく、1日に1万円程度の給料を手にいれるわけですね。

 

なのに、その夜にはパチンコ・スロットで2万円も3万円も負けてたんじゃ、ただパチンコ屋に貢ぐために働いているのと同じです。

 

結局、自分の人生の時間を、パチンコ屋に貢ぐために使ってしまっているわけです。

 

これほどもったいないことはありませんよね。

 

 

パチンコはストレス発散?

確かに、つらい仕事を頑張った後に、パチンコでストレスを発散したいという気持ちはわかります。

 

ですが、それを口実に働いた以上のお金を捨ててしまうのは悲しすぎます。

もし今あなたが、このような生活パターンにはまってしまっているのなら、今一度冷静になって、本当にそれが自分の望む生き方なのか、他に自分がやりたいこと、できることはないのかを考えてみてほしいと思います。

コウジでした(^^)/

 

【コウジ著書】アマゾンkinndleにて好評発売中です

▶心にささるギャンブル依存症の後悔の言葉77

 

 



コメント欄

関連記事

改正健康増進法+コロナ問題によってパチンコ客は激減!となると・・・

いよいよ4月に入り、改正健康増進法が施行されましたね。   飲食店、オフィス、医療機関などで喫煙ができなくなりましたが、中でも最もダメージを受けているのがパチンコ屋です。   JT …

換金できなくなっても、あなたはパチンコ・スロットが打ちたいですか?

ギャンブルにハマってしまい、なかなかやめられない人は、「お金が欲しくてギャンブルをしている」という人が多いのではないでしょうか。   純粋にパチンコやスロットが楽しいという人よりも、「勝ちた …

パチンコ・スロット依存症の原因 勝った記憶が忘れられないは嘘

パチンコやスロット、ギャンブル依存症の人がギャンブルを忘れられない原因として、勝った記憶が忘れられないというものがありますよね。   勝った時の記憶、本当に全部覚えていますか? でも、ずーっ …

ようやくジャグラーが完全確率でないことにみんなが気づき出した

以前の記事でも何度も書いていますが、北電子の人気機種、ジャグラーが完全確率なんかではないことが認知されてきていますね。     ジャグラーの挙動の不審さに多くの遊戯者が気づきだして …

コロナで外出自粛の中、なぜパチンコに行くのか?依存症の言い分とは

コロナ問題によって全国各地で休業要請が進むパチンコホール。 要請に応じないホールには、パチンコ依存症の人間が群がっています。 周囲の心配や恐怖をよそに、本人たちはどこ吹く風と言わんばかりに、朝から長蛇 …

著書

2020年9月10日

新刊「心にささるギャンブル依存症の後悔の言葉77」を出版しました。

 

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間依存症を抜け出せなかったが、債務整理とネットビジネスに救われる。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴