依存症

【パチンコ・スロットの怖さ】軍資金3万はないと・・って、それ、勝負になってますか?

 

~動画でわかるギャンブル依存症の原因とその治し方~
▶その1:ギャンブル依存症の正体とその治し方
▶その2:依存症克服の邪魔をする現実への対処法
▶その3:ギャンブルをやめるには「やめる」をゴールにしないこと

 

あなたはどれくらいのお金があれば、安心して遊戯できますか?

パチンコやスロットに行く時、あなたはいくらぐらいお金を持っていきますか?

 

ある程度勝負しようと思ったら、やはりみんな最低でも3万円はないと不安だと思います。

3万円でもあっという間に飲まれてしまいますから、できれば5万、6万はほしいと思う人も多いでしょう。

 

Youtubeの実践動画をみても、1万や2万の投資では初当たりすらひけないことがほとんどですよね。

 

「3万、4万いれてからが勝負」と、みんなが思っています。3万4万の投資は想定内だと考えています。

 

 

 

でもそれ、おかしいと思わないといけませんよ。

 

 

4万円では不安な遊技って、どんな遊技ですか?

 

もう金銭感覚が狂わされていることに、早く気づかないといけません。

 

 

「いやいや、1万で当たることもあるだろ!」

と思った人は、まさにギャンブル依存症の思考です。

 

当然みんな

「1万くらいで当てたい、でももしものために資金は多めに持っていたい」

って思っているわけで、マイナス3万、4万を受け入れているわけではありません。

 

 

でも、現実的にはほぼそうなりますよね?

 

 

たとえ3万円で初当たりを引いても、ゴミみたいな出玉で終わって「追加投資」。

すぐに1万円入れて「追加投資」。

 

 

追加投資、追加投資、追加投資・・・

気づけば天井間近で追加投資。

 

 

もう目を覚ましましょう。

 

パチンコ・スロットの異常性に気づきましょう。

 

 

1万円で当たることもある?

天井を人に取られるのがもったいない?

演出的には高設定?

 

 

み~んなそうやって、希望的観測で打ち続けてお金をむしり取られているのです。

考えていることはみんな同じなんです。

それこそがまさに養分思考であり、ホールの思惑どおりなのです。

 

 

現実には、ほぼ低設定しかないホールの中で、あなたの頭の中だけは「勝っている自分」「高設定をツモった自分」を夢想しています。そうであってほしいと切望しています。

そして4万、5万、6万とむしり取られていきます。

 

軍資金が4万円では不安だということは、「みんな4万円くらいはいつも負けている」ということです。

 

その4万円を残していれば、何ができましたか?

その4万円を積み重ねて、一体いくら負けていますか?

 

僅かな希望を求めて大金を失っている自分から、そろそろ抜け出さないといけませんよ。

 

パチンコやスロットなんてしていなければ、日常生活の中で4万円を失うことなんてそうそうないわけです。

あなたの大事な時間とお金を失うことなんてないんです。

 

 

そのことに、一人でも多くの人に気づいてほしいと心から思います。

 

コウジでした(^^)/

 

-依存症

関連記事

「パチンコ屋に近づかない・お金を持ち歩かない」では依存症は治らない

パチンコに近寄らないようにする、お金を持ち歩かないようにする、こうした取り組みでは、パチンコをやめることは難しいですよね。   その理由としては、   まず、外にはパチンコ屋が多す …

ホールに狙われる「5号機撤去の駆け込み需要」今スロットに行くのは愚の極み

2019年もまもなく終わりに近づき、スロット業界もいよいよ佳境にさしかかっていますね。   旧機種がどんどん撤去されていき、12月にはメジャー機種が完全に撤去されます。 「SLOT魔法少女ま …

換金できなくなっても、あなたはパチンコ・スロットが打ちたいですか?

ギャンブルにハマってしまい、なかなかやめられない人は、「お金が欲しくてギャンブルをしている」という人が多いのではないでしょうか。   純粋にパチンコやスロットが楽しいという人よりも、「勝ちた …

ホールの設定状況がひどい!こんなところに行ってれば負けて当然

依存症の人は、毎日のようにホールに行き、毎日のように負けて帰ってきます。 僕もそうでした。   でも不思議に思いませんか? どうしてこんなに負けるのか。これだけ打ちにいけば、もうちょっと勝つ …

パチンコ依存症は必ず治せます

パチンコ依存症は治ります

はじめまして。   このブログは、22年間パチンコ依存症に苦しんできた僕の人生の軌跡や体験談、そしてどうやって依存症を克服したのかを、包み隠さず公開しているブログです。   このペ …

著書

 

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間依存症を抜け出せなかったが、債務整理とネットビジネスに救われる。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴