「 パチンコ業界 」 一覧

なぜ3回突破型ばかり作る?あまりにもかけ離れた遊戯者とメーカーの視点

現在作られているスロット6号機の多くが、3回突破型の台。   聖闘士星矢が大ヒットしたことに続き、リゼロも大当たりしましたが、それ以降はゲーム性もいまいち、面白さも期待感もなく、ハズレ台が続 …

2020年~お盆を過ぎてもホールの回収モードは終わりませんよ。

今まで以上に負けがひどくなっていませんか? 年末年始や大型連休、そして8月の夏休みやお盆休みは、ホールにとっては絶好の回収期です。 普段は仕事でホールに行けない客も、この時期はこぞってホールに来てくれ …

なぜ次々と「クソ台」が作られるのか?そこにはちゃんと理由があります

6号機時代になって、新台への酷評がますます目立ちますね。   実際、Youtubeで新台の実践動画をみたりするんですが、6号機になってますますつまらない台が増えています。   もち …

スロット6号機の新台のオワコンぶりが凄まじい。今こそ脱スロットだ

今、スロット6号機の酷評が半端ないですね。   僕も気になったので、Youtubeで実践動画を一通り見てみたんですが、いや~、これは噂に違わずひどい台ばかりですね。よくこんな台作ったなと。 …

閉店・倒産のパチンコホールが85店舗。衰退が止まらないパチンコ業界

コロナによる営業自粛のダメージは、中小ホールにかなり響いていますね。 5月27日の時点で、全国で閉店・倒産するパチンコホールが85店舗にのぼったようです。   やはり体力のない小さなホールほ …

著書

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間のギャンブル依存症生活を抜け出し、しあわせな日々を取り戻す。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴