パチンコ業界

「おもちゃ」をつけて台を高く売るパチンコメーカー。終焉は近い?

最近のパチンコ台のギミックは、目にあまるものがありますね。

誰も望んでいないのにやたらめったら「おもちゃ」をつけて、外観ばかりがゴツくなっていっています。

 

なぜ無駄にこんな大掛かりなギミックをつけるのか?それにはちゃんと理由があります。

 

 

誰も望んでいない「おもちゃ」のせいで、台の値段は高騰

メーカーが強引におもちゃをつける理由、それは「台を高く売るため」です。

 

Youtube上でも、この無駄なおもちゃに対して批判の声が相次いでいます。

遊技者にとってはなんも意味も価値もないもので、こんなところにお金をかけられても誰も得しません。

 

台が高くなればホールの負担が増え、当然そのしわ寄せはパチンコユーザーにくるわけです。

遊技者だって馬鹿じゃありません。そんなメーカーの思惑はすぐに分かります。

ですが、そんなことはおかまいなしに、メーカーはますますおもちゃ作りに必死になっています。

 

 

自分で首を締め続けるパチンコ業界

今、パチンコ業界は本当に危険な状況です。

多くのメーカーが2020年の間に赤字に転落し、倒産したり人員削減などの軌道修正を迫られています。

 

その赤字を補おうと、台の単価をあげたいというのがホールの思惑でしょうが、かえって業界への不信感が高まり、客離れも進んでいます。

 

こんな時こそ、遊技者目線に立ち返って遊べる台を作るべきのはずですが、もうそれができるメーカーはないでしょう。

 

下げざるを得ない台の出玉性能を、見た目の派手さでごまかそうとしたところで遊技者は欺けません。

来年にはさらなる遊技者の減少が加速するでしょう。

 

 

まとめ

激動の2020年もまもなく終わりますが、当初の予想以上にパチンコ業界のダメージは深刻な年でした。

 

それでもなお、パチンコから抜け出せない遊技者は多く、残された人だけが一人負けしていくことになります。

 

 

あなたはまだ間に合います。

2020年を最後に、この沈みゆく業界から抜け出して下さいね。

 

 

コウジの著書
 
AmazonのKindle出版で好評発売中です。

おかげさまでたくさんの方にお読み頂いており、感謝です。

 


 

ブログ仲間ジュニパパさんのギャンブル依存症克服ブログです。
こちらもぜひ御覧ください。
ギャンブル依存症からの人生逆転ブログ

 


  1. toshy より:

    パチンコのデカいギミックについては牙狼の成功によるところが大きいと思いますね。
    大掛かりな仕掛けについての下地を作ったのはは京楽でしょうか。

    ある意味で仕方ない部分もあるとは思いますが、どこのメーカーも
    「人気台になった形式」
    は2番煎じ3番煎じと形式をほぼマネた台は確実にリリースしますね。

    • コウジ より:

      メーカーも生き残りがかかっていますから、なりふりかまっていられないですよね。
      おもちゃをつけて高く売るという方式が通用するうちは、どこも真似して当然ということですね。

      振り回されるのはホールと遊技者ですが、遊技者はホールに行かないという選択肢もあるんで、負けても文句も言えないところがつらいですね(^_^;)

関連記事

パチンコ業界の衰退と勝てない理由の相関関係~それでもパチンコ続けますか?~

今、パチンコ業界はどんどん衰退していっています。   あなたの近所のパチンコホールも、どこもガラガラで閑古鳥が鳴いていませんか? パチンコ遊戯者も激減し、ホールもどんどん潰れていっています。 …

「パチンコは、適度に楽しむ遊びです」に苛立ちをおさえきれない

  パチンコは、適度に楽しむ遊びです。   この言葉、パチンコをする人にとってはおなじみですね。 みなさん、この言葉にもっと怒りをぶつけてよいのではないでしょうか。   …

天井&有利区間で強制エンディング!?6号機の馬鹿仕様に唖然

もう何がしたいのか全くわからない今の6号機スロット。   6号機も出始めた当初は、低設定ほど一撃性があったり、出玉スピードがあったりとメーカーもなんとか工夫を凝らして面白い台を作ろうとしてい …

大阪のパチンコ規制がかなり厳しい!この動きは全国へ広まるぞ!

とうとう大阪が、パチンコ・スロットの広告規制に本気を出しましたね。 2018年12月1日から、店内外における事前の告知および事後の告知をすべて禁止すると発表しました。   でもちょっと待って …

10月1日の消費増税に伴い47枚→46枚貸しホールは増える?

いよいよ10月1日から、消費税が8%から10%に上がりましたね。   それに伴って、さっそく貸玉レートを上げるホールも出てきています。     関東では東京都亀有の「マル …

著書

2021年3月30日

新刊「無意識を変えろ!ギャンブル依存症は必ず治る」を出版しました。

 

2020年9月10日

新刊「心にささるギャンブル依存症の後悔の言葉77」を出版しました。

 

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間のギャンブル依存症生活を抜け出し、しあわせな日々を取り戻す。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴