パチンコ業界

「おもちゃ」をつけて台を高く売るパチンコメーカー。終焉は近い?

最近のパチンコ台のギミックは、目にあまるものがありますね。

誰も望んでいないのにやたらめったら「おもちゃ」をつけて、外観ばかりがゴツくなっていっています。

 

なぜ無駄にこんな大掛かりなギミックをつけるのか?それにはちゃんと理由があります。

 

 

誰も望んでいない「おもちゃ」のせいで、台の値段は高騰

メーカーが強引におもちゃをつける理由、それは「台を高く売るため」です。

 

Youtube上でも、この無駄なおもちゃに対して批判の声が相次いでいます。

遊技者にとってはなんも意味も価値もないもので、こんなところにお金をかけられても誰も得しません。

 

台が高くなればホールの負担が増え、当然そのしわ寄せはパチンコユーザーにくるわけです。

遊技者だって馬鹿じゃありません。そんなメーカーの思惑はすぐに分かります。

ですが、そんなことはおかまいなしに、メーカーはますますおもちゃ作りに必死になっています。

 

 

自分で首を締め続けるパチンコ業界

今、パチンコ業界は本当に危険な状況です。

多くのメーカーが2020年の間に赤字に転落し、倒産したり人員削減などの軌道修正を迫られています。

 

その赤字を補おうと、台の単価をあげたいというのがホールの思惑でしょうが、かえって業界への不信感が高まり、客離れも進んでいます。

 

こんな時こそ、遊技者目線に立ち返って遊べる台を作るべきのはずですが、もうそれができるメーカーはないでしょう。

 

下げざるを得ない台の出玉性能を、見た目の派手さでごまかそうとしたところで遊技者は欺けません。

来年にはさらなる遊技者の減少が加速するでしょう。

 

 

まとめ

激動の2020年もまもなく終わりますが、当初の予想以上にパチンコ業界のダメージは深刻な年でした。

 

それでもなお、パチンコから抜け出せない遊技者は多く、残された人だけが一人負けしていくことになります。

 

 

あなたはまだ間に合います。

2020年を最後に、この沈みゆく業界から抜け出して下さいね。

 

 

 

【コウジ著書】アマゾンkinndleにて好評発売中です

▶心にささるギャンブル依存症の後悔の言葉77

 

 



コメント欄

関連記事

アニメまでも犯すパチンコ。あの手この手で侵食してくるパチンコ業界

パチンコ、スロットの社会の汚染度は恐ろしい 先日、当サイトにコメントを頂いた方がおっしゃっていたのが、「ギャンブルをやめた代償として、大好きなアニメが見れなくなった」ということでした。   …

天井が復活して喜んでいるスロット依存症の人、目を覚まして!

5.9号機でいったん排除された天井機能。 ですが、6号機になって一瞬にして復活してしまいましたね。   天井の復活に対して、多くのスロッターは喜んでいますが、これって、本当に喜んでいいことな …

パチンコ業界の衰退と勝てない理由の相関関係~それでもパチンコ続けますか?~

今、パチンコ業界はどんどん衰退していっています。   あなたの近所のパチンコホールも、どこもガラガラで閑古鳥が鳴いていませんか? パチンコ遊戯者も激減し、ホールもどんどん潰れていっています。 …

もはや誰も求めていない新台入れ替え。ホールのしわ寄せは全部遊技者に

2019年も終わりに差しかかってきましたね。 パチンカー、スロッターにとって、2019年年末は重大な問題を抱えています。それが「旧基準機の検定切れ」です。   旧基準機が大量に撤去される20 …

大阪のパチンコ規制がかなり厳しい!この動きは全国へ広まるぞ!

とうとう大阪が、パチンコ・スロットの広告規制に本気を出しましたね。 2018年12月1日から、店内外における事前の告知および事後の告知をすべて禁止すると発表しました。   でもちょっと待って …

著書

2020年9月10日

新刊「心にささるギャンブル依存症の後悔の言葉77」を出版しました。

 

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間依存症を抜け出せなかったが、債務整理とネットビジネスに救われる。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴