依存症

パチンコ・スロットをやめるなら「負けるが勝ち」が鉄則!勝ったらやめるは不可能です!

 

ギャンブルがやめられない人の典型的なパターンとして、

 

「次に勝ったらやめる」

 

というおかしな決意があります。

 

僕もこの決意を繰り返して、22年が過ぎましたw

 

 

 

~動画でわかるギャンブル依存症の原因とその治し方~
▶その1:ギャンブル依存症の正体とその治し方
▶その2:依存症克服の邪魔をする現実への対処法
▶その3:ギャンブルをやめるには「やめる」をゴールにしないこと

 

勝ったらまた行ってしまうんです

考えたらわかることですが、勝ったらやめられないんですよね。

 

・勝ったら、次も勝てそうな気になってしまいますよね。

・軍資金もできてしまいますよね。

・やめる理由がなくなってしまいますよね。

 

 

ですから、「勝ったらやめる」なんて不可能なんです。

それができる人は、ギャンブルにハマってないです。

 

 

結局、勝ったらやめると思っている時点で、本気でやめようとは思っていないんです。

「勝ったらやめる」は、単なるパチンコに行くための口実であり、自分を正当化するための言い訳にすぎません。

 

 

ギャンブルをやめるなら、

 

「負けるが勝ち」

 

が鉄則です。

 

 

 

僕は22年間の依存症人生で総額1500万円負けました。

もしそれを取り戻そう、勝ってからやめようと最後にちょっとでも思っていたら、今でも変わらずに借金を増やし続け、今日もパチンコ屋で青い顔をしていたでしょう。

 

そう考えると恐ろしいですね。

 

高すぎる授業料でしたが、まだ人生が半分残っているうちに負けるが勝ちを実践できたおかげで、今は平和で楽しい毎日をすごすことができています。

 

 

いいですか、負けるが勝ちですよ。

 

 

ギャンブル依存症を克服したいと本気で思うなら、大負けして、ギャンブルなんて二度とするか!という怒りの状態のほうがやめやすいです。

 

勝ってしまったほうがむしろ不幸ですよ。だって、また振り出しに戻ってしまいますから。

 

ギャンブルには負けてもいいです。

 

 

人生で勝ちましょう。

 

 

コウジでした(^^)

 

-依存症


  1. たけぐち より:

    1500万円を22年間てことは平均1ヶ月58600円負けたということですね。それくらいなら給料から捻出は出来そうだけど、借金利息でもかなり持ってかれたんでしょうね。パチンコ屋とサラ金コンボで骨の髄迄搾り取られる構図。日本は本当に簡単に人生狂わせられることが多くて、むしろ日本社会の方が狂ってますよね

    • コウジ より:

      おおー、そういう計算はしたことがなかったですね。僕は毎月6万円づつ、パチンコ屋に奉納し続けてきたというわけですね。そう考えると、改めて恐ろしさを感じます。

      おっしゃるとおり、借金1500万円のうち、たぶん400万円くらいは利息だと思います。そして友人に貸してもらったのが総額で400万円。ということは、ギャンブルで負けたのは700万円くらいですね。まあ700万円でもそうとうな金額ですが。
      本当に日本の社会って、ない人からお金を取るのが本当にうまいなあと思いますね。

関連記事

ギャンブルをやめようとするのではない。自分のありかたを変える気持ちが大事

ギャンブルをやめたいと思っていても、なかなかやめられないという人も多いと思います。   その原因となっているのは、自分の潜在意識です。 潜在意識というのは、「無意識」のこと。人間の行動や考え …

ギャンブル依存症の人は自覚症状がない?そんなことないですよ

よく、ギャンブル依存症は自覚症状がでにくい病気だと言われます。   確かに、まだギャンブル依存症初期の段階では、そうかもしれません。   ですが、5年も10年もギャンブルをしている …

「今日こそうまく立ち回る」そんなことできるわけがないんですよ

ギャンブル依存症の人は、物事すべてを希望的観測で捉えてしまいがちです。   そのため、昨日負けたことも「立ち回りが悪かったせいだ」「今日は冷静に台を選ぼう」と、自分の振る舞いを変えることで勝 …

パチンコ依存症の怖さ「お金がほしい」と思うと出てくるホールの映像

  ~動画でわかるギャンブル依存症の原因とその治し方~ ▶その1:ギャンブル依存症の正体とその治し方 ▶その2:依存症克服の邪魔をする現実への対処法 ▶その3:ギャンブルをやめるには「やめる …

スロット6号機の意味不明さ。いくら初当たりが軽くても、その出玉は何なの?

  ~動画でわかるギャンブル依存症の原因とその治し方~ ▶その1:ギャンブル依存症の正体とその治し方 ▶その2:依存症克服の邪魔をする現実への対処法 ▶その3:ギャンブルをやめるには「やめる …

著書

 

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間依存症を抜け出せなかったが、債務整理とネットビジネスに救われる。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴