依存症

ギャンブル依存症は盲信状態と同じ。桜木ビジョンを脱出する方法は?

パチンコ、スロット依存症の人は、いわば一種の盲信状態になっています。

他に楽しいことややるべきことはたくさんあるのに、もうギャンブルしか見えなくなってしまっている状態です。

 

まるで「スラムダンク」の桜木君のように、まわりが何も見えなくなっているんですね。(知らない人はごめんなさい)

 

 

例えば、僕たち日本人がアメリカでの生活を想像することができないように、ギャンブルにどっぷりはまっている人には、ギャンブルのない生活が想像できなくなってしまっています。

 

 

 

~動画でわかるギャンブル依存症の原因とその治し方~
▶その1:ギャンブル依存症の正体とその治し方
▶その2:依存症克服の邪魔をする現実への対処法
▶その3:ギャンブルをやめるには「やめる」をゴールにしないこと

 

ギャンブルに依存してしまう最大の原因

ギャンブルに依存してしまう最大の原因は、人間の潜在意識です。

 

潜在意識は、毎日の生活習慣や考え方をそのまま忠実に記憶しています。そして、明日も明後日も、そのままの自分であるように働きかけてきます。

なぜなら、これまでそうやって自分が生き延びてこれたということは、今の状態がもっとも安全であると「思い込む」ようにできているからです。

 

人の人生というのは、実は「潜在意識の思い込み」によって作られているのです。

 

潜在意識の詳しい説明については、動画その1でも詳しく解説していますので、ぜひ御覧ください。

 

 

ギャンブルをやめる一番簡単な方法

もし、本気でギャンブルをやめたいと思うのなら、簡単にギャンブルをやめることができます。

その方法はとても簡単。

 

「自分はもうギャンブルなんてとっくにやめている」と、ひたすら思い込むことです。

 

そして、毎日毎日口に出して、「ギャンブルなんてやめて本当によかったー!!!」と、言葉に出して言って下さい。そして、しあわせな自分にひたって下さい。

 

本当にギャンブルをやめた自分になりきって、昨日負けたことははるか昔のことに置き換えて、「5年前に大負けしたおかげで、今はギャンブルなんてやめられたんだなあ。本当によかった!」と、ギャンブルをやめた未来の自分に、今からなりきって下さい。

 

そうやって考えるようにするだけで、潜在意識は「あ、自分はもうギャンブルなんてやめたんだ」と、錯覚するようになります。

 

 

潜在意識というのは、日々の生活習慣と思い込みで作られています。毎日ギャンブルをしていて、お金のことや借金のこと、昨日勝ったこと負けたこと、イベント日、給料日、そうしたギャンブルに関わるすべての思考が潜在意識を埋め尽くしているのがギャンブル依存症です。

 

朝起きてから、仕事中も、家事の間も、食事中もお風呂に入るときも寝る前もずーっとギャンブルのことを考えているのです。

 

だからまた明日もギャンブルをしにいくのです。

 

 

 

そうした盲信状態を開放するのが、「新たな思い込みを刷り込むこと」なんです。

ギャンブルをやめた自分、ギャンブルなんて大嫌いになった自分になりきって、しあわせを感じましょう。旅行に行ったり、おいしいご飯を食べたり、恋人や友達と遊んだり、ギャンブルを知らなかった昔の自分を思い出したりしながら、ギャンブルしか見えていなかった自分を外に開放しましょう。

 

それがもっとも簡単に自分を変えられる、ギャンブルをやめられる方法です。

 

 

手段や我慢ではギャンブルはやめられない

ギャンブルをやめるために、何かよい方法はないかと考えてしまう人も多いと思いますが、あくまであなたをギャンブルに誘っているのはあなたの潜在意識です。

ですから、潜在意識を変える前に、何かの手段を講じてもほとんど役にたちません。

 

・お金を持ち歩かない

・家族に見張ってもらう

・パチンコ屋に近づかない

・他の趣味を見つける

 

これらの手段を試しても多くの人が失敗するのは、潜在意識が変わっていないからです。

 

まず最初にしなければいけないことは、こうした手段で自分を自制したり、我慢をすることではなく、潜在意識をギャンブルをやめた自分に変えていくことなのです。

 

 

自分を変えるのにお金も時間も必要ない

例えば、ビジネスで成功したいと思ったり、スポーツで一流になろうと思うとそれなりの時間もお金もかかるでしょう。

しかし、自分の考え方を変えるだけなら、まったくお金も時間も必要ありません。

 

ビジネスでもスポーツでも、成功者は必ずイメージトレーニングをしています。仕事がうまくいった自分、試合に勝った自分を、いつも想像してイメージを強く膨らませています。それによって、現実もだんだんその通りになっていきます。

 

それと同じで、ギャンブルをやめた幸せな自分を想像することで、その通りの自分になっていきます。

 

 

思考が先、現実はあと

あなたの毎日は、あなたの思考から作られています。

あなたの潜在意識がギャンブルのことでいっぱいだから、あなたはギャンブルにいくんです。もしあなたが、パチンコのことをまったく知らなければ、あなたがパチンコに行くことはないのです。

 

つまり、

「頭の中で先にパチンコに行っているから、あなたは現実にパチンコに行く」

 

 

これがあなたの日常のサイクルなのです。

 

 

ギャンブルをやめるのが簡単な理由

ビジネスやスポーツでは、必ずライバルや対戦相手がいます。

相手がいる戦いにおいては、自分がどんなに頑張ってもさらに上手がいるものです。ですから、自分の思うようにいかないことも多々あるでしょう。

 

しかし、ギャンブルをやめた自分になるのに、それを妨げるライバルなんていません。ただ、自分が変わればよいだけの話です。

 

ですから、自分の潜在意識を変えることに専念するだけで、驚くほど簡単にギャンブルをやめることができるのです。

 

ギャンブルがやめられない一番の理由は、「潜在意識の思い込みがギャンブルの原因であること」に気づいていないからなのです。

 

 

まとめ

ギャンブル依存症は、妄信的になってしまった潜在意識がすべての元凶です。

そのことに気づいて、ギャンブルをやめた自分を想像し続ける。そしてその自分になりきる、演じる。

ギャンブルをやめた自分が、本当の自分であることを強くイメージする。あとはただ、毎日そのイメージを持ち続ける。

 

 

たったそれだけのことで、劇的にギャンブルへの依存度を減らすことができます。

 

ぜひ、自分の潜在意識を変えてギャンブル依存症を克服して下さい。

 

コウジでした(^^)/

 

 

-依存症

関連記事

ギャンブルで得られるもの・失うもの~あらためて考えてみませんか?~

自分はなぜギャンブルをするのだろう?   このことについて、本気で向き合って考えることってあんまりないですよね。   僕もパチンコ・パチスロ依存症歴22年のツワモノでしたが、この2 …

パチンコ依存症が完治したかどうかを図るパラメーター。これができればもう大丈夫

ギャンブル依存症は本当に怖い病気です。     たとえ数年、ギャンブルに行かなくなっても、ふとしたことでまた再発したりします。とくにパチンコやスロットは本当にやめるのが難しいです。 …

勝ちやすい台、負けやすい台という情報、鵜呑みにしていませんか?

ネット上でよく見かける、検証系のサイト。   パチンコだったり、スロットだったり、どの台が勝ちやすいかを、台のスペックとか実践値とかから算出しています。   例えばこんな感じです。 …

スロット6号機の新台のオワコンぶりが凄まじい。今こそ脱スロットだ

今、スロット6号機の酷評が半端ないですね。   僕も気になったので、Youtubeで実践動画を一通り見てみたんですが、いや~、これは噂に違わずひどい台ばかりですね。よくこんな台作ったなと。 …

僕がたどり着いたパチンコ依存症の克服方法

僕がたどり着いたパチンコ依存症の克服方法

この記事では、22年間嘘と借金を重ね続けた僕が、パチンコ依存症を脱出することができた方法について語っていきます。 僕の長いパチンコ依存症時代のお話については、下記をお読み下さい。   パチン …

著書

 

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間依存症を抜け出せなかったが、債務整理とネットビジネスに救われる。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴