借金

ギャンブルの借金も債務整理できる!今すぐ法律事務所に相談しよう

ギャンブルで借金を作ってしまい、誰にも相談できずに悩んでいませんか?

毎月の督促に追われ、眠れない夜を過ごしていませんか?

借金を返すために、ますますギャンブルをせざるをえなくなっていませんか?

 

そんなあなたは、今すぐ法律事務所に相談して下さい。

あっという間に借金の督促はとまります。そう、明日にでも。

 

 

 

 

~動画でわかるギャンブル依存症の原因とその治し方~
▶その1:ギャンブル依存症の正体とその治し方
▶その2:依存症克服の邪魔をする現実への対処法
▶その3:ギャンブルをやめるには「やめる」をゴールにしないこと

 

「ギャンブルの借金は債務整理できない」はうそ

よく、ギャンブルの借金は債務整理できないと言われます。

しかし、実際のところは、ギャンブルの借金であっても問題なく債務整理できます。

 

ギャンブルで作った借金を自己破産した僕が言うのですから間違いありません。

 

 

先生は認めてくれるのか?

「法律事務所の先生になんて言えばいいの?」という不安もあるかもしれません。ですが大丈夫です。

「ギャンブルで借金を作ってしまった」と正直に言ってもいいですし、それが恥ずかしければそれなりの理由を取り繕ってもいいです。

そもそも、法律事務所は依頼者から債務整理の仕事をもらい、解決してはじめて収入になるわけです。

ギャンブルでの借金であろうがなかろうが、それを解決しないことには成功報酬を請求できないのです。ですから、親身になって話を聞いてくれます。

 

僕もギャンブルで作った借金でしたが、正直に話をして相談に乗ってもらった結果、自己破産を勧めてもらいました。

 

法律事務所への相談はこちらから

 

多くの人が債務整理を避けてしまう理由

多くの人が、法律事務所への相談を躊躇してしまい、そのまま借金に苦しんでしまう傾向があります。

理由として、次のようなものが挙げられます。

 

高い依頼料を請求されそう

法律事務所に借金の相談をする場合、最初の相談料はどこも無料です。

そして具体的に話がまとまり、借金の整理を正式に依頼してから、サラ金業者の数や借金の金額によって依頼料が決まります。

僕の場合、500万円の債務整理を依頼して、約25万円の成功報酬を支払いました。借金総額のわずか5%です。

 

とは言え、借金の相談をする人は、当然お金がありません。先生もそのことは分かっていますので、最初に25万円を全額払うわけではありません。

支払いは正式に債務整理を依頼し、あなたへの借金の督促が止まったあと、分割で支払っていくことになりますので、法律事務所への支払いが始まるのはすくなくても数カ月後からということになります。

僕の場合は、債務整理を依頼して、翌日に督促が止まり、その2ヶ月後から、毎月2万円ずつ支払うという形で了承してもらいました。

 

 

また、たとえギャンブルによる借金であっても、過去の過ちを反省し、今後はギャンブルをしないという姿勢を見せれば、ギャンブルの借金であってもなくすことができるんです。ですから、ギャンブルの借金だからと言って躊躇することはまったくないのです。

 

 

相談しても、かえって自分に不利になりそう

借金のある人の多くが、少なからずやましい気持ちがあります。そのため、自分の不都合な部分までバレてしまい、裁判になったり、思わぬペナルティを受けたりするのではないかと心配してしまいます。

ですが、先生は依頼者であるあなたの不利に働くようなことは絶対にしません。

あなたの話を聞いた上で、どうすればあなたにとって一番良いかを提案してくれますので、どんなことも腹を割って正直に相談すれば、よい解決方法を提案してくれます。

 

 

手続きが難しそう

難しい手続きはすべて先生がやってくれます。もちろん債務整理にあたって、書類を書いたり用意しなければならないものもありますが、先生がきちんと説明をしてくれますし、提出までにけっこう長い期限がありますので余裕を持って準備できます。

僕の場合は、必要書類を揃えて先生のところに持っていくまでに、約1ヶ月あきましたので、ゆっくりと準備することができました。

 

 

家に書類などが届き、家族にバレてしまいそう

家に書類や郵便物が届いたりして、債務整理をしていることが家族にバレてしまうのではないかと心配する人もいますが、絶対にそんなことはありません。

あらかじめ家族に内緒にしたいと先生に伝えていれば、先生からあなたの家に書類を送ってくることは絶対にありません。必要な連絡は携帯にしてくれますし、書類のやりとりがあれば、外で会うとかあなたから先生のところに持っていけばいいだけです。

もちろん、サラ金業者から家に連絡がくることもありません。

サラ金業者は法律事務所から督促停止の連絡が入った瞬間から、本人はもちろん家族や会社へも連絡をすることが法律上禁止されています。

ですので、先生が正式に債務整理の依頼を受理してくれた時点で、あなたへの一切の督促がなくなるのです。

 

 

サラ金業者から恨まれそう

借りたお金を返さないのですから、サラ金業者に恨まれてひどい目にあうのではないかと心配するかもしれません。

ですが実際のところ、まっとうなサラ金業者であれば、働いている人も普通の会社員です。

支払能力のない人に督促をするのだって、仕事とはいえ、正直イヤなものなんです。逃げ回られたり、逆ギレされたりもします。ですので、内心、債務整理をしてくれたほうが会社としてもそれ以上追いかけなくてよい大義名分ができるので助かるのです。

個人に借りたのであれば恨まれるでしょうが、正規のサラ金に借りているのであれば、恨まれたり何か仕返しをされたりすることはありません。

 

 

家や車、土地などの財産を失ってしまいそう

もちろん借金の返済に当てられそうな財産があれば、それを残して借金だけなくしたいと言うのは虫のよい話です。

ですがそうした場合でも、財産を失わないように借金を減らす方法を先生は一緒に考えてくれます。財産を失わずに債務整理をする方法として、後述する「個人民事再生」という方法もあります。

債務整理にも色々な方法がありますので、なんの知識もない素人が勝手に悩むよりも、専門家に相談をするのが手っ取り早いのです。

 

法律事務所への相談はこちらから

 

 

債務整理を依頼した場合の具体的な流れ

1.先生に相談、依頼する

まず最初に、先生に現在の借金状況を伝えて、どのように整理していくかを相談します。

その上で整理の方法が決まったら、さっそく先生がが各サラ金業者に督促を辞めるよう通達を出します。

早ければ相談した当日、もしくは翌日には通達を出してくれます。

通達は通常、FAXで書面を送付しますので、あっという間に終わります。

 

 

2.一切の督促が止まる

通達を受けたサラ金業者は、いかなる理由があっても、債務者本人はもちろん、会社、家族に電話をしたり、手紙を送ることはできなくなります。

唯一サラ金業者が連絡をしてよいのは、通達を出した法律事務所のみとなりますので、その後のやりとりは法律事務所の先生とサラ金業者とのやりとりとなります。

 

つまり、先生が通達を出した時点で、あなたの借金は一旦完全にストップします。

そこからあとはすべて先生が必要な手続きを進めてくれることになります。

 

 

3.必要書類の準備

督促さえ止まればもう安心です。

あとは先生の指示にしたがって必要書類などの準備をしていくことになります。

 

 

4.結果を待つ

すべての手続が終われば、あとは待つだけです。

 

例えば個人再生を依頼した場合、「100万円または借金の5分の1」にまで負債を
減額することができます。

その分を4,5年かけて分割返済していく、と言った形になります。

 

自己破産を選択した場合、免責決定(借金が免除されること)がおりるまでに1年近くかかりますので、その1年間は借金の督促に怯えることはなくなります。

そして1年後、無事に免責決定がおりれば、借金は完全にゼロになります。

僕はこの自己破産を2回しています。(反省しています・・)

 

 

法律事務所への相談はこちらから

 

債務整理は大きく分けて「任意整理」「個人再生」「自己破産」

任意整理

任意整理とは、あなたの代わりに先生が債権者と交渉をして、利息や元金を返済可能な金額に減額して、あなたが無理なく支払っていけるよう整理してくれる事を言います。

債務整理のメリットは、裁判所を通したりせずに債権者との直接の交渉によって
返済していくため、自己破産や個人民事再生のデメリットを避けてゆっくりと返済していけるところです。

 

 

個人民事再生

個人民事再生とは、車や住宅、土地などの財産を持っている人が、それらの財産を手放すことなく借金を減額してもらい、原則3年で返済していくという手続きです。

個人民事再生のメリットは、手放したくない財産を持っている人が、借金だけを大幅に減額できるところです。

 

 

自己破産

自己破産は、借金を返済できる状況にないことを裁判所に申したてて、すべての借金をゼロにしてもらう手続きの事を指します。

裁判所と聞くとなんだか怖く感じてしまうかもしれませんが、実際には手続きはすべて先生が行ってくれるため、自分が裁判所に出向かなくてもよい場合も多く、自分は先生の指示に従っていればOKです。

裁判所から免責許可が出ると、借金の金額がいくらであっても、一切の借金を支払う必要がなくなります。

自己破産のメリットは、借金がいくらであっても、ゼロにできることです。

また、手続きから免責許可が出るまでに1年近くかかるため、先生に自己破産の手続きを依頼した日から、1年間は借金から開放され、免責がおりるのを待つことになります。

 

 

過払い金請求

過払い金請求は、債権者に支払いすぎた利息を取り戻す手続きの事です。

あなたが5年以上債権者に支払いを続け、金利が18%を超える場合は過払い金が発生している可能性があります。

払いすぎた利息は返還請求できますので、それによって借金がなくなる方も多いです。

 

 

 

債務整理をしたことが他人にバレることはない

「債務整理をすると人生が狂ってしまう」という誤解をしている人が多いですが、実際にはそんなことは全くありません。

債務整理とは、借金でまっとうな生活を送れなくなった人を救済するためのもので、むしろ人生を立て直すことができるものです。

 

「債務整理したことがまわりにバレてしまう」なんてことは絶対にありません。
僕はこれまでに2回も自己破産をしていますが、僕の妹にさえバレてしません。

僕が自己破産をしたことなんて、誰も知らないんです。

 

 

 

債務整理ブラックリストに載ってしまう?

借金を抱える多くの人が、ブラックリストに載る事を恐れています。

ですが、そもそもブラックリストというリストが存在するわけではありません。

 

ブラックリストに載るというのは、信用情報機関の顧客情報に「事故情報」が登録されることをいいます。

 

事故情報とは、支払いが遅延したり、自己破産などをしたという情報のことです。

この信用情報機関の情報を閲覧できるのは金融関係の仕事をする人たちだけで、一般の人が見るようなものではありません。

 

例えば自己破産をした僕の情報はこの信用情報機関に登録されていますので、僕が新しくクレジットカードや借金をしようとした時に、この情報を見れば「この人自己破産してるな」とわかるので、借りれないだけなんです。

基本的には、この信用情報機関の情報は、貸し手がお金を貸してもちゃんと返せる人かどうかを調べるためにあるリストであって、そこに載ってしまったからといってすべてを失うようなものではないのです。

 

 

 

結局、債務整理をするとどうなるの?

では、債務整理をすると、一体どうなるかというと、5年~10年は「新たな借金ができなくなる」んです。

人それぞれの状況によって、多少は変わりますが、基本的にはこれだけです。

あとは、財産の有無や借金の内容によって変わってきますが、そういう細かい
ところは先生に相談して、ベストな選択をすればいいんです。

 

財産がなければ自己破産を申請して、すべてをゼロからやり直すことができます。
もし財産があり、それを失いたくないのなら、任意整理で少しづつ返済していくという方法もあります。

プロに相談すれば、家族にもばれないように対応してくれます。

ですから、必要以上にむずかしく考えずに、とにかく相談して下さい。

 

 

 

借金を作る勇気があるなら法律事務所に相談する勇気を

借金のある人というのは不思議なもので、サラ金にカードを作りに行ったり、知人にお金を借りたりする勇気はあるのに、なぜか法律事務所に相談する勇気がないという人が多いです。

そういう僕もそうでした。

 

借金を作った自分に非があると思い込んでいたため、法律事務所に相談しても門前払いを食らうようなイメージしかなかったんです。

しかし実際には、まったくそんなことはなく、なぜもっと早く相談しなかったんだろうと後悔したものでした。

日本の法律は、債務者に対して優しいです。やり直すチャンスを与えてくれます。

 

思い立ったが吉日です。

勇気を出して、すぐに相談して下さい。後回しにすればするほど苦しい時間が長引くだけです。

今すぐ借金のない世界に戻りましょう。

 

法律事務所への相談はこちらから

 

 

次の日から突然幸せな日々が訪れる

法律事務所に債務整理を依頼すると、早ければ翌日には督促はピタッととまります。

地獄のような日々が、急に平穏で幸せな日に変わります。

自分にもこんな日がくるのか、と泣きたいほどの喜びに包まれるでしょう。

 

あなたも勇気を出して下さい。

新たな借金を重ねるよりももっと簡単に、借金地獄から抜け出すことができます。

ぜひとも参考にして下さいね。

 

【関連記事】

借金とだけは戦わないで!債務整理は人生をやりなおすための最高の手段

▶絶対に手を出すな!個人の貸し借り掲示板でお金を借りた結果

-借金

関連記事

借金とだけは戦わないで!債務整理は人生をやりなおすための最高の手段

僕は、人生において3回も債務整理をしました。   過払い請求1回、自己破産が2回。 いずれも、原因はギャンブルによるものでした。   もちろんこれは僕にとって、大いに反省しなければ …

絶対に手を出すな!個人の貸し借り掲示板でお金を借りた結果

最近問題になっているのが、個人貸し借り掲示板というもの。   実は僕もパチンコ依存症時代に、個人貸し借り掲示板を利用してお金を借りた経験があります。 ネットで色々なサイトを徘徊し、誰かお金を …

著書

 

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間依存症を抜け出せなかったが、債務整理とネットビジネスに救われる。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴