依存症

パチンコ系動画やブログのコメント欄を見ていつも思うこと

僕はもうパチンコ・パチスロをやめてかなりの年月がたちますが、こういうブログを書いているので、パチンコ系のYoutbe動画は今でも時々みますし、いろんな人のギャンブル系ブログとかサイトも見ています。

 

 

そんな時、コメント欄を見ていつも思うことがあります。

それは、

「やっぱりギャンブルしている人の心は汚れてるなあ」

 

ということです。そして、

 

「自分も数年前までこの中にいたんだなあ」ということです。

 

 

すごいえらそうで失礼なんですが、やっぱりそう思ってしまうんですよね。その理由は何かというと、

 

必ず「バカ」とか「アホ」とか「底辺」とか、誰かを傷つけないと気がすまないコメントが多いからです。

 

 

 

~動画でわかるギャンブル依存症の原因とその治し方~
▶その1:ギャンブル依存症の正体とその治し方
▶その2:依存症克服の邪魔をする現実への対処法
▶その3:ギャンブルをやめるには「やめる」をゴールにしないこと

 

みんな誰と戦っているの?

パチンコやスロットには、ボーダー派とかオカルト派とか、天井狙い派とか色々な考え方の人がいます。

そして、「ギャンブルなんて勝てない」と主張する人、「いや、自分は勝っている」と主張する人、さまざまな意見が飛び交っています。

 

そして自分の持論を主張した最後には、何かひとこと、誰かに罵倒を浴びせるんですよね。バカとかアホとかボケとか。

そのひとこと、いらなくない?っていつも思うんですよ。

 

 

こんな誰でも発言できるネット上で、見知らぬ誰かを傷つけて、それで何か得られるものってあるのかなあと悲しくなるんです。

 

 

小さな世界で罵り合っても得るものはない

自分もパチンコ依存症だった時は、まさにそういう人たちと同じような心理状態でした。何か自分が正しいと主張しないと気がすまないというか、ギャンブルでも人間としても、誰かに勝っている自分を演じたい、そんな精神状態でした。

 

とくにパチンコで負けた時なんて、イライラが募っていますから、自分と同じ考え方の人を否定してるコメントをみると、ついやり返したくなっていました。

今思うと、「本当に小さい心だったなあ」と恥ずかしくなります。

 

 

台の知識を勝ち誇るのが「セオリー」

パチンコ系動画のコメント欄でかならずあるのが、演者さんに対して「もっと台のスペックを理解してから出演しろよ」的なコメント。

「6確定演出出てるだろ」とか「50%じゃねーよ、70%だろ、演者なら勉強しとけよ」とか。

 

 

これなんて、自分のまさっている部分を主張したい人の典型的な例ですよね。

自分だって、すべての台のスペックを知っているわけではないはずです。でも、たまたまその台に自分が詳しくて、演者さんはあまり知らなかったりすると、主張したくてしょうがなくなるわけです。「俺は知っているんだぞ」と。

 

でも、知っていることと、実際に勝てていることとは別の話です。その人はたぶん勝ててない人でしょう。だからこんなところで、自分の知識を主張したくなるんです。

 

 

本当の勝ち組は人のことなんて気にしていない

今、ギャンブルを完全にやめた立場でそういうコメントを眺めていると、なんとなく感じるんですよね、

「本当に勝ってる人はわざわざこんなところで、こんなコメントしないな」と。

 

 

これはギャンブルの話だけじゃなくて、人生全般にも言えることじゃないかと思います。

 

ビジネスや社会的成功を目指している人は、みんな人のことなんて気にしていないです。とにかく自分が成長すること、昨日の自分に勝つことだけを考えています。

人は人、自分は自分だと思い、それと同時に人の幸せも願う余裕を持っています。

「自分が幸せになるためには、人の幸せも願おう」

成功者はそう思っているんです。

 

 

誰もがそうあれれば、もっとみんなが気持ちよく暮らせるのになあ、と思いますね。

 

 

まとめ

今回は、ギャンブル系動画やブログに書き込まれているコメント欄を読んで、感じた感想をなんとなく書いてみました。

以前からそうでしたが、ギャンブル系の記事や動画のコメント欄は、読んでいい気分がしないことが多いんですよね。

 

 

ギャンブル系の動画にコメントする人と、例えば自己啓発系の動画にコメントする人とでは、コメントの質がぜんぜん違うんです。

 

ギャンブル系の動画では、誹謗中傷の数が半端ないです。ですが自己啓発系の動画のコメント欄では、誹謗中傷のコメントは激減します。

 

どっちがいいとか悪いとかはいいませんが、少なくとも見ていて気持ちがいいのは、いうまでもありませんよね。

 

 

それでは、コウジでした(^^)

 

 

-依存症


  1. たけぐち より:

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190713-00010002-suitsw-life

    この記事を読んで、パチンコ・スロット台は人間が依存する様に考え尽くされて作られていますよね。そしてパチンコ屋内でもリラックスさせてお金を注ぎ込ませるニオイのアロマを空調に仕込んだり音楽をかけたり。
    そこに行くから、ハマらない方がむしろ普通じゃない。普通だからハマってしまう。危険だからハマらない為には近寄らない様にするしない。と思い至りました。

    YouTubeで依存症で2018年度あり得ない程負けたと言っていて、自分がそれより多い金額を今年5月中旬迄に負けたていたのを知って、重度の依存症なのはこのYouTuberではなくて自分だと改めて怖くなりました。

関連記事

家族よりもパチンコを優先してしまう依存症の怖さ~本当は家族が大事なんだ~

パチンコ・パチスロが辞められず、家族や恋人を泣かせたことはありませんか?   僕はあります。 それも一度や二度ではありません。数えきれないくらい何度も家族を裏切ってきました。   …

【パチンコ依存症ばかの回想日記】これ、全台設定6じゃない?!勢い勇んで台に座った結果

  ~動画でわかるギャンブル依存症の原因とその治し方~ ▶その1:ギャンブル依存症の正体とその治し方 ▶その2:依存症克服の邪魔をする現実への対処法 ▶その3:ギャンブルをやめるには「やめる …

換金できなくなっても、あなたはパチンコ・スロットが打ちたいですか?

ギャンブルにハマってしまい、なかなかやめられない人は、「お金が欲しくてギャンブルをしている」という人が多いのではないでしょうか。   純粋にパチンコやスロットが楽しいという人よりも、「勝ちた …

僕がたどり着いたパチンコ依存症の克服方法

僕がたどり着いたパチンコ依存症の克服方法

この記事では、22年間嘘と借金を重ね続けた僕が、パチンコ依存症を脱出することができた方法について語っていきます。 僕の長いパチンコ依存症時代のお話については、下記をお読み下さい。   パチン …

たまに勝ててしまうからたちが悪い。パチンコ、スロットの怖さとは

パチンコやスロットをしていると、いつもはボロボロに負けるのに、あるとき急に勝てるときってありますよね。 しかも、3~4日連続で勝てたりすることが時々起こってしまうんです。   トータルで考え …

著書

 

コウジ

小学生時代から親についてパチンコ屋に出入りをし、高校生時代には早くもパチンコ依存症を発症。

大学時代、社会人時代と依存症を悪化させ、作った借金は総額1500万円にのぼる。

22年間依存症を抜け出せなかったが、債務整理とネットビジネスに救われる。

依存症に苦しむ人たちに、依存症を抜け出す手助けをしたいとブログを開設。

 

コウジの依存症遍歴